阿蘇西農園さんの「桃農家の飲む 桃酢」~熊本のうまかもんシリーズ

先月(2018年9月)、首都圏から熊本を応援するクマコネプロジェクトという会に参加したところ、熊本県産品を試食する機会に恵まれました。
その日に会員の岸田さんのご発表でも紹介いただいた、阿蘇西農園さんの「桃農家の飲む 桃酢」をご案内いたします。

2016年4月の熊本地震で、多くの農家さんが被害を受けました。
阿蘇・西原村の阿蘇西農園さんも、被災されました。
阿蘇西農園さんは、高品質、高糖度な桃を生産されている農家さんです。

熊本地震では、その桃の木がやられてしまいました。
木も、ショックを受けるそうなのです。
初年度は糖度が上がらず、昨年も満足な糖度に至らず、2年分の桃は廃棄されました。

そこで、開発したのがこの「桃農家の飲む 桃酢」です。
今年7月に販売されて、早々に300本が売れたそうです。

桃酢1・水4の5倍希釈でご利用いただけます。
試飲では、贅沢な桃の風味を楽しむことができました。
炭酸や牛乳で割るのもオススメだそうです。

毎日15~20mlを(5倍希釈にして75~100ml)を一日一回夕食中や食後にいただくとすると、1本あたり約14日~18日分になります。
もちろん、それ以上いただいても問題ありません。

検索してみたら、つい数日前にタンクマさん(月刊タウン情報クマモト)の日刊WEB版でも記事になっていました。

地震後、奮闘。 桃農家が生み出した『飲む桃酢』に注目! – 日刊Webタウン情報クマモト

記事によると、「通常の果実酢よりも格段に濃度の高い桃酢」だそうです。はい、美味しかったです!。
企業ではなく桃農家さん自らが開発した桃酢は、今後一層話題になりそうです。
(やはり同記事によると、老舗醸造酢メーカー『サガ・ビネガー』にご協力いただいて生み出されたそうです)

私は普段から希釈タイプの果実酢を使っているので、阿蘇西農園さんの「桃農家の飲む 桃酢」も日々試してみたいです。
今度、熊本の商品を置いているお店で探してみます。
毎朝小さな容器にレモン酢とオリーブオイルを入れて自製ドレッシングとしてお弁当と一緒に持っていくのですが、桃も試してみたいです(ドキドキ♪)。

クマコネ会員岸田さんの素敵なご発表のテーマは、「手の届く貢献」でした。
熊本地震当時、私は何をしていいのかわからず、無闇に無駄なことをしていたことを思い出します。
一回りして、今は、少しずつできることを続けていければと感じています。
また今後もこちらで、熊本のうまかもんを紹介させてくださいませm(__)m。