テレビ朝日「密着した日は教科書載った日」

こんにちは。
またテレビの話です。
録りっぱなしレコーダーの本体HDDの容量がなくなりそうで、焦って整理をしています。
そんな中で
「こんな番組、いつ録画した?」
という番組がありました。
それがタイトルの
「密着した日は教科書載った日」
であります。
この番組を、今見終わったところです。

 

 

放映は、2021年12月29日(水)の午後11:40~夜中の0:40。
レコーダーの番組説明には以下の文言がありました。

もし歴史上の人物が密着ドキュメンタリーの取材を受けていたら?▼密着!解体新書に名前が載らなかった男▼密着!歩いて日本地図を作った男▼密着!姫路城セレブ城主

3つの再現ドラマの解体新書は前野良沢さん、日本地図はもちろん伊能忠敬さん、セレブ城主は本多忠政さんです。

番組MCは、チョコレートプラネットのお二人。
他に大友花恋さん、井上咲楽さんが花を添えます。
4人とも学ランやブレザーの制服姿と高校生の出で立ちで、バックは音楽室の写真です。

そしてチョコプラのお二人は、1話目の前野良沢さん(長田庄平さん)、杉田玄白さん(松尾駿さん)を演じています。
この番組、なぜかネットで探してもテレビ朝日のサイトのURLに番組情報がなかなか見つかりません。
年末年始特別番組ってそんな感じなのだろうか。

CM込み1時間の間に3本詰まっているので深くは無理ながら、笑いを散りばめながら知らなかったことを自然に覚えられるいい番組でした。
チョコプラの、翻訳を思い立った二人の「今でしょ」とか解体新書の「ターヘルアナトミア」を略して「ターナ」と呼んじゃったりする軽さに笑いながらも、昔の人だって口語で冗談や流行語を言いながらやってたんだろうなあとリアルだったりもします。
現在の密着番組そっくりな形式も、よかったです。

あとの2話を演じた「かもめんたる」や「マミィ」のコンビもよかったです。
「タイムマシーン3号」の山本さんも出ててうれしかった~。
マミィは林田洋平さん扮するお供が城主本多忠政(酒井貴士さん)の「2代目コンプレックス(父が本多忠勝)」を説明する部分で笑ってしまいました。
いや、私歴史は全然わかんないんで、本多忠勝さんがどういう人なのかもよくわかっていないのですが。

 

 

で、見終わった後にすぐ私がしたことは、ネットの検索です。
「前野良沢の話をあらためてマンガ『風雲児たち』で読みたいけど巻数が膨大すぎてどの巻のどこにあるかわからない!」
「風雲児たち」は、昨年8月に惜しくも亡くなられた漫画家、「みなもと太郎」先生の傑作です。

今回、
「風雲児たち 索引」
で複合検索してみたら、ありました!。
うれしい~!
「風雲児たち」の人名別の索引です。

なんでもっと早くこの方法で検索をしなかったんだろう。
今回は、
「もう自分で索引作れないかなあ」
などと思いつつ(絶対無理)、
「いや私が思うくらいなら実行している人が必ずいる」
と自信をもって検索したからかもしれない。

http://huuunji.sakura.ne.jp/

上記サイトの管理者の方に、深くお礼を申し上げます。

そもそも私がこの番組を録画保存したのも、みなもと先生の「風雲児たち」で前野良沢の名前を初めて知ったからなのです。
読んで時間が経ってしまってあれこれ忘れてしまったけれど、かなり好きなキャラでした。

 

 

ほーんと、何も知らないで偏った世界で生きてきて、最近やっと少しずつ扉が開きました。
何もかも膨大すぎて、次から次へとふらふら頭を突っ込んでは他へとネットサーフィンをするような軽さで毎日が過ぎていきます。
そしてすぐに忘れる~。

そんな中、また深く潜りたいマンガを思い出させてくれた良番組でした。

またこういう番組、見たいです~。