NHK「チコちゃんに叱られる」を初めて見ました

こんにちわ。
今日は、NHKの「チコちゃんに叱られる」を初めて見た感想を書きます。

 

 

土曜の朝8時台に流れていました。
今日はBGMをテレビにしてNHKにしようと決めたところでした。
どうも私は「チコちゃんに叱られる」の後半から見始めたようです。
ナインティナインの岡村さんが出ていて弄られていました。
岡村さんがエンディングでチコちゃんと縁側に座って話をしているところを見ると、岡村さんはレギュラーのようです。

チコちゃんという頭の大きなキャラクターが流行っているのは、店頭でグッズを見かけたことで知っていました。
1年近く前のある日、母に
「あんた、ボーッとしてるとチコちゃんに叱られるよっ」
と言われました。

「えっ、おかあさん、チコちゃん知ってるの?(意外)」
「知ってるわよ」
「なに、あれは着ぐるみなの?」
「違う」
「じゃあアニメなの?」
「違う」

今日見てわかったような気がします。
着ぐるみで、顔部分だけCG、なのかなあ。

エンディングで縁側で岡村さんと語らっていたチコちゃんの顔は、おそらく「のっぺらぼう」なのだろうと思いました。
きちんと調べていないので、間違っていたらごめんなさい。

 

基本は役に立つ内容の紹介で、ゲストや岡村さんとのやりとりのチコちゃんは発言にセンスがあり、
「この番組は面白い!」
と思いました。
道理で母が見ているはずです。
以前から、役に立つ情報をテレビで仕入れて活用している様子でした。

私がチコちゃんを追いかけるのは難しそうだから本でも探そうかしらと思いましたが、その前に公式サイトを見るのがいいだろうと思い直しました。
見てないけど。

 

 

今日私が見た内容は、
「子供はなぜ肩が凝らないの?」
という疑問についての街頭インタビューや正解の紹介でした。
答えは、子供は無駄な動きをしているから、でした。

そうなのかー。
その後の室内の移動では、タコかイカのようにふにゃふにゃからだを揺らしなから歩いてみました。
いいかも!。

 

 

ぼーっと生きてきた私を、これからもチコちゃんに叱ってほしい。

そんなことを思った番組でした。