ふくらむちゃん〜東京駅グランスタのマスコットガール

2018年9月初旬のある夜9時過ぎ、東京駅地下(改札外)のショップ街「グランスタ」で私は不思議なものに出会いました。

いったいぜんたい、これは…。インパクト強かったです。

当時「ふくらむ祭」という祭もやっていたようです。
あれはなんだったんだろうと思い出して、少し調べてみました☆。

これこそが「ふくらむちゃん」の形です。

 

名前は「ふくらむちゃん」だそうです。
公式の紹介ページは以下をご覧ください。

“グランスタマスコットガール”
ふくらむちゃん

ふくらむちゃんは、「ふくらむ国」で生まれた妖精。
お仕事は、へこんだ人を見つけだし、ふくらませてあげること。
このたび日本のがんばる女子を応援するため
東京駅地下グランスタへと派遣されてきました。

“グランスタ、ふくらむ”「グランスタ・グランスタ丸の内」ご紹介 |「グランスタ100 ITEMS」 から引用

そして、先の写真の名前は「ふくらむちゃん柱」です。お祭りの間だけでなく、今もずっと存在している模様です。

手だったか、しっぽだったか…

 

公式ツイッターを見ると、いつもツイートの最後には「あははははー。」と笑い飛ばしています。
快活な性格というよりは、シニカルな乾いた笑い方で、毒舌家と言われるのも納得です。

そして、かなり仕事をしてます。女子力をアピールし、旬を先取りする話題を提供しつつ、かすかな毒を効かせる高度な技を使う宣伝部長代理(派遣社員から昇格)。
ツイッターではゴマージュをやってもらう姿にびっくりです。
また、9月27日には「えっ、もう来年の手帳買う人いるの?意識高いー。」という毒を感じる発言をしつつ、みなさんに「そんな時期ですよー」とPRしています。
フォロワー1.1万人も、うなづけます。

仕掛け人は?と探したら、以下の公式サイトに情報がありました。
グランスタの企画の一案から、サン・アドさん〜片岡メリヤスさんに広がり、詰められたキャラクターです。

グランスタのマスコットガール“ふくらむちゃん”!誕生秘話とグッズを紹介By Walkerplus | TOKYOINFO 東京駅構内・周辺情報

この子は身体がただっぴろく真っ白で、顔は小さくて単純です。全体がふくらんだり縮んだり変形したりするので、各テナント店舗でもグッズ展開が容易ですね。
フェアの際は、パンでも、餅でも、練り物でも、タオルでも、なんでも作れそうです。
ふくらむちゃん、すごいです!

 

前に大阪の電車に乗った時の活気に驚いて思ったのは、「そういえば東京の鉄道は静かで、誰も喋ってなかったなあ」ということでした。
東京で聞こえてくる話し声は他国語が多いので、周囲に日本人はいないんじゃないかと思うこともあります。
多くの人が、口をへの字にしてスマホの上で指を滑らせるシュールな空間です。

そんな東京の鉄道のテッペンにある東京駅のグランスタのキャラクターが、ふわふわ、伸び縮み、変形する形状で、「がんばる女子を応援する」というのは心強いなあと思いました。

ふくらむちゃん柱を探していただくなら、場所は場所はグランスタ丸の内のワインショップ・エノテカとニューデイズグランスタ丸の内北口店のちょうどあいだにいます。
改札外、最寄りの改札は丸の内地下北口改札です。
私は次に行ったら、あこがれのエノテカでワイン買っちゃうかもですー\(^o^)/。