分散せずに絞り込むことの大切さ

分散せずに絞り込むことの大切さについて、考えてみました。

「なぜ分散をしないほうがいいのか?」

それはリソースが有限だからです。
時間、経費、エネルギー。また、分散した力は弱いので結局結果が出せず、成功が遠のくと考えます。。

やるべきことを絞り込んで集中すれば、より結果が出しやすくなります。また、やるべきことを絞り込むということは、やらないことを決めるということでもあります。そうすると、これまで使っていた時間も短縮ができそうです。そうしますと、やるべきことを明確にすることがまず大切であるとも認識できます。

リスクは分散しておいたほうがいいと聞きます。
しかしその分散も、分散する先を絞りこんだうえで分散するのであってバラバラと分けるわけではありません。

浅く広くという考え方はどうなのでしょう。深く狭くとどちらがいいのかという悩みも聞きます。
それも結局、浅く広くは中途半端に終わるだけと考えます。求められるのは深く狭く物事をできる人のようです。

やりたいことが、やらなくていいことの場合はどうしたらいいのでしょう。
道楽をやっている暇があるかどうかよく考える必要があります。

やること、やらないことを見極める力が必要だと思います。
自分が見極められなくても教えてくれる人がいるなら、素直に従えばいいだけです。全部を自分でやらなくても、もし任せられる人がいれば、その人に任せるのもマネジメントの考えにもつながります。

自分が持つリソースを見つめなおして、むやみに当たって砕ける時間があるかを考えたほうがいいようです。
「わかっちゃいるけど…」とふざけている時間を、まず棚卸ししていかなければと考えました。