なりかけハートのハーゲンダッツ【からのジョニ赤。】

こんにちは。
「なんかブログのネタがないかなあ」
と写真を見ていたら、ハーゲンダッツのミニカップの蓋を開けた写真がありました。

 

 

これです。

「キレイにシンメトリーだったなあ」
と思ってはいたものの、
「あれ、これハート型じゃないの?」
と気付き、ネットを検索してみました。

するとハーゲンダッツ公式の2016年のサイトを見つけました。

幸せのハーゲンハート探し|ハーゲンダッツ Häagen-Dazs

私のハーゲンダッツは、ハートではなく
「どの種類にも当てはまらないなりかけのハート」
でした。
あら、そーかい。
何に似てるか無理矢理イメージしたところ、私的には昔マンガで見た
「シュメール人」
の顔に見えます。
美しい〜。

 

 

さて先程の写真ですが、空洞部分が変ですよね。
実はウイスキーをストレートで流し込んでいます。

うちのウイスキーの銘柄は、数年前から
「ジョニ赤」
に決まりです。
亡くなった従兄弟が
「ジョニ赤が一番美味しいんだ」
みたいなことを言ってたと身内が覚えていました。
私は全く覚えはないものの、結局彼が亡くなってからずっとウチのウイスキーはジョニ赤なのです。
一度あえてジョニ黒というものも飲んでみたのですがピンと来ない。
私も、口に合うのはジョニ赤のようです。
同じ血が流れてるしねえ。
単に私がウイスキー初心者だからかなあ。

彼のお葬式には、昔ニコニコドーだったような気がする日奈久のスーパーでジョニ赤を買って行きました。
最後の2本でした。
でも重かったよ。
お通夜の後に通夜振る舞いの席で、元同僚の方々がみんなでベロベロになるまで飲んでくれました。

で、ジョニ赤は今はウチの定番です。

ついでに、最近はこのアイスクリームにみかんの皮の粉をかけて食べたりします。

これ、70gで税込350円なんだそうです(いただきものだけど)。
えー、安すぎるよ!
漢方でも陳皮って効能がありますよね。
七味唐辛子にも入ってるお馴染みの味でもあります。
いつかプチプレゼントをする機会があれば、これにしようと決めてます。

アイスの上のウイスキーがコアントロー寄りになって、一層優雅なお味のアイスクリームになるのです。

 

 

ハーゲンダッツから話が飛びまくりました。
まあ、ハーゲンダッツは美味しいということでヨカッタヨカッタ。
空洞もシンメトリーで目出度い目出度い。

ハーゲンダッツといえば、私がとても好きなツイートがありました。

スーパーのアイス3割引のチラシの注釈に

※おいしいアイスは除きます

と書いてあるのです。
数年前にこれを初めて見たときは吹き出した記憶があります。

わかる、わかるよ。
言いたいことはよくわかった!

というチラシでした。

誰もハーゲンダッツとは言ってないですけどね。

ハーゲンダッツ、おいしいよね!