コンビニ☆LOVE セブンイレブン九州フェア「島津家別邸仙巌園監修 豚の角煮丼(680円)」

こんにちは。
私は今朝、コンビニに行きました。
ちなみに、一昨日もコンビニに行きました。

先日はこのブログで
「久しぶりにコンビニ!」
とはしゃいだものですが、その後生活習慣レベルで通っております。
なぜなら、頻繁に寝坊してしわ寄せをコンビニで調整するからだー。
一寝坊1000円。
それも使いすぎですがね。

それはいいとして、今日は先日買わずに後に回した、セブンイレブン九州フェアの
「島津家別邸仙巌園監修 豚の角煮丼(680円)」
のことです。

こちらは、身内が買ってきてくれました。

 

 

結論からいって、この豚の角煮丼は美味しかったです。
二人で分けて食べたので、
「一食まるまるならコスパ高いのでは?」
と思いましたがお値段は普通のコンビニ弁当よりかかっているのかな。
でも私は満足でした。
味は、私が育った地域では甘いと感じるのではと思いました。
私は母が熊本なので味付けが甘かったので、しっくりきます。
そこも使うしょうゆが違ったので、厳密には違うんでしょうけれども。

 

 

で、この監修の仙厳園ってなんなんだろうと調べてみました。
公式サイトによれば、以下のとおりです。

仙巌園は万治元年(1658年)、19代光久によって築かれた島津家別邸です。錦江湾や桜島をとりいれた雄大な景色が美しく、島津家歴代に愛されてきた御殿は迎賓館としての役割も果たしています。日本の近代化をリードした場所でもあり、一帯は「明治日本の産業革命遺産」として2015年に世界文化遺産の構成資産に登録されました。鹿児島を代表する観光地です。

仙厳園ホームページから抜粋
https://www.senganen.jp/

ちなみに、「せんがんえん」と読みます。

桜島や錦江湾を臨む最高の場所に築かれた島津家別邸は、ここを初めて知った私に旅行欲を思い出させてくれました。
園内には、島津家の歴史や南九州の文化を紹介する博物館「尚古集成館」もあります。
薩摩切子や薩摩焼などオリジナルなお土産も楽しみです。
私はいま白薩摩が気になっているのですよ(高級品で私には手は出ないかなー?)。

私が過去二度だけ足を踏み入れたことがある鹿児島は、駅を中心にコンパクトに多くの観光資源が詰まっていたイメージです。
仙厳園は、鹿児島中央駅から車で20分、桜島フェリー桟橋まで10分です。
空港からなら40分。
突然飛んで行きたいものです。
そして丸一日鹿児島市内を満喫して、その後は少し離れた鹿児島県内を見て歩きたい。

ちょうど昨日はテレビ番組の「博士ちゃん」で緑茶と鰹節の味噌汁「茶節」も紹介されていました。
鹿児島のお茶は美味しいですよねー。

ああ、鹿児島に行きたい!

 

 

さてさて
「九州フェア、いつまでやるの?」
とセブンイレブンの公式サイトまで見てきたら
「セブンイレブン 旅きぶん」
というコピーを見つけました。
うまいこと書くのね。
そしていつまでなのかはすぐにわかるようには書いてないのねー。

私は気づきませんでしたが、今回の九州フェアのラインナップには熊本のタイピーエンも入っているようです。
正直、コロナはここにきて
「ついに身近に来てる?」
という実感があってまだ私は住居の市を超えてお出かけする気分になれません。
身近で旅気分、またセブンイレブンに行ってみようと思います。

しかし寝坊のしわ寄せで仕方なくコンビニにいくのは減らしたい、でも春先は身体が疲れるんだよー。
リポビタン飲んで、乗り切ろう〜。
ではまた。