【今日の物欲】地図を買いました

こんにちは。
私はまた、いつもの物欲に従ってあるモノを買ってしまいました。
まあ、タイトルのとおり「地図」なんですけど。

 

 

購入したのは、住居地域の折りたたみ式の地図です。
用途は、防災用です。
被災用というのだろうか。

本で、
「知っているつもりの街でも被災して歩いて帰るとしたら右も左もわからなくなる可能性がある」
みたいなことを読みました。
「紙の地図とコンパスはあったほうがいいよ」
というわけです。
そのときに知っている通りたい道が通れるとは限らない。
建物は崩れ、火災が起こっているかもしれない。
いつものようにスマートフォンを使う手もありますが、充電はいつか切れ、そのうちには基地局自体も機能しなくなるかもしれません。

「そーかい、そーかい」
と私は、コンパスだけは買っていました。
今思えば失敗で、定規がついてるのを買ってしまいました。
あのコンパクトでまあるいヤツならお尻のポケットに入れることができたのに。
私のポケットは、虫めがねその他で結構埋まっていて一つ空いているのです。

今回折りたたみ式の地図を探してみて、選択肢が少ないことを知りました。
私が買ったものも数年前のものです。
自治体でいいのを出してるかもしれないと思い買えないでいたけど、今回は
「えいやっ」
と他の必需品と一緒に頼んでしまいました。

 

 

私の災害のイメージの多くは、ゲーム「絶体絶命都市4」からの借り物です。
「絶体絶命都市」では余震のたびに建物が崩れ、そのときにいる場所によっては瓦礫が直撃したのか絶命しました。

また別に最近知ったことは、
「コンクリートって遅かれ早かれ劣化する運命にある」
ということでした。
古い建物が衝撃で壊れやすいのはあたりまえながら、その化学変化のメカニズムはちょっとショック。

非常時には変わってしまうかもしれない街で、絶対音感ならぬ絶対方位がコンパスを持ち歩くだけでわかるのはいいかもしれない。

 

 

また普段遣いのバッグが重くなってしまった〜。
次はバッグのリュック化なんじゃない?

また新たな物欲を発掘した本日でした。