【スズキ ラパンがほしい】今日の物欲シリーズ(その4)

こんにちわ。
私は昨日突然、車が欲しくなってしまいました。
今日はそのことがテーマです。

 

 

助手席から見つけた軽自動車が可愛かったのです。
色がツートンカラーでちょっとレトロな感じです。
前から見た、顔がカワイイ。
たまらん。
私は、車には詳しくありません。
何という車なんだろう。
でも、案内ボードに書いてあるであろう名前は読めないまま、信号は青になってしまいました。

スマホで
「軽自動車 かわいい」
と検索したら、すぐにあの顔が出てきました。
それは、スズキのラパンという車でした。

今日、何気なく調べて見積シミュレーションをしてみました。

上のグレードは選べない。
色は…。設問に沿って選ぶ中に、ツートンカラーがない。
まあいいか。
ナビ…いるよねえ。
ETCカードリーダー、いるよねえ。

出てきた金額を見て、

やめとこう。

と思いました。

駐車場も借りなければなりません。
やはり、

「乗りたいときにタクシーに乗るのが安い。安心だし。」

という結論になりました。

 

 

何度も何度も
「自分の車がほしい」
と思うのは、やはりさまざまな感染リスクから
「これからは車の時代なんじゃないかなあ」
と痛感するからです。

ポーンと車を買えるような経済力はありません。
そこは私は我慢せねばいけない。

でも、カプセルで隔離されて移動できるのは魅力。
そして、自分の思うままに時間を管理できることが魅力。

とりあえずは、徒歩と公共機関と、通販に助けてもらって現状維持でいきます。

 

 

きちんと貯金してればなあ。
でも、思い付きでプロジェクターなんか買っている私なので、そんな余裕はないのでした。

ちゃんとしましょう。
ちゃんとね。

いつから?