【タピオカ購入】自粛明けのある一日(その2)

こんにちわ。
自粛明けで久々に街に出た日のこと、私は少し歩いては財布を開け、また歩いては財布を開けていました。
今日はその日にした些細なことを書くブログの第2弾です。

 

 

私、一生いただくことがないのではと思っていたタピオカ店
「Gongcha(ゴンチャ) 」
のタピオカ黒糖ミルクティーを飲むことができました!

そもそも、ゴンチャについては知人の2人が
「すごく美味しい」
「並んでも飲みたい」
「新宿だと行列が長そうなので阿佐ヶ谷で降りてゴンチャに行った」
と話していました。
私は、
「そんなに美味しいというなら興味はあるけど、並ぶのはノーサンキューだなあ」
と思っていました。

そして先日。
ゴンチャの脇を通ったときに違和感を感じて店を見てみると、全然人が並んでない( ゚Д゚)。

正確には、カウンターが全部埋まっていたので次の空きまでは待つ必要はあります。
しかしこの店で、これだけ空いてるのは少し前なら奇跡なんじゃないの?。
チャーンス!

一番人気は何ですかと聞いて、
「黒糖ミルクブラックティー」(?)
のタピオカドリンクをもらいました。
SサイズはないのでMサイズでお願いして637円でした。
キャー(*≧∇≦)ノ。
その場で作った飲み物にフィルムでパッキングしてくれているようで、持ち歩いてもこぼれなくて安心!

その日はイートインはやっていないとのことでした。
「あら困ったわね。どこで飲もうかしらね」
と迷い、透明な小さな袋にストローと一緒に入れてもらいました。
その足でちょっとお買い物。
その後、
「あそこなら座って飲める」
という場所で一息つきました。

写真撮らなきゃ。

少し温くなっちゃってるのはしょうがない。

さてさて、どんな味?

あら、思っていたよりも地味。
タピオカも、何らアピールするものではありません。

甘さも強くはなく、爽やかなお味でした。
口直しに水が飲みたいようなものではないので、スッキリと立ち上がって次の目的地に向かうことができました。

とにかく、ゴンチャを制覇した!

満足感がありました。

 

 

それから2日ほど経って、
「あれは何だったんだろう」
と今思っています。

日本酒なら、越乃寒梅。
焼酎なら、河辺。
刺身なら、ふぐ。
「すっきりと綺麗なお茶だったなあ」
と思い起こしています。

そういうことかな?
(どぶろっくのメロディーでお願いします)

 

 

イレギュラーな環境が、滅多にない経験をさせてくれました。
感動しています。

新しい日常が始まるのねー!
(*≧∇≦)ノ。