【なんてったって物欲2】ハイレゾと私

こんにちわ!
昨日のブログで欲しいものを我慢して先送りにした話を書いたせいか、昨夜別の物を衝動買いしてしまいました。
今日は、そのことを書きたいと思います。

 

 

昨日ネットで発注したのは、「DAC」です。
「DAC」は「Digital to Analog Converter」の略語で、デジタル信号をアナログ信号に変換する機械のことです。
私はパソコンとヘッドホンの間にこの機械を挟んで音楽を聴こうと思って買いました。
重量約500g、ということは持ち歩き用の水のペットボトルくらいの重さはありますね。

そんな機械はなくても音楽は聴けるのですが、突然
「これを挟むとどんな風に違うの???」
と体感したくなりました。
「ハイレゾ」の音楽を聴くために買ったのです。

「ハイレゾ」とは、High Resolution の略です。
「Hi-Res」とも略されます。

「ハイレゾ」の音楽はCDから取り込むファイルよりもサイズが大きく、情報量も多いものです。
調べ始めるとこのブログが終わらなくなりそうなので記憶だけでテキトーにご説明します。
通常耳にしているアナログの音を滑らかな波の形で表現するとすると、CDの録音はその波のあちこちから決まった数の情報をピックアップしています。
イメージ的には、なだらかな波ではなく、階段状にカクカクしているのがデジタルの音です。
そのピックアップする数を増やしたのがハイレゾということになります。
より細かく数値をとることでカクカクが小さくなり、結果的波形がなだらかになります。

私はずいぶん前にこの「ハイレゾ」用のヘッドホンを買ったのですが、安いほうのヘッドホンだったので
「あー、DAC内蔵タイプを買えばよかったのにあたしったらー(泣)」
と後悔していました。
その欲求が昨夜、爆発したのです。

昨夜寝る前に、
「いま必要ないんだからこんな金額をかけて買っちゃダメ」
と自分に言い聞かせていったんスマホを閉じたのに
「もう10年も前から売り場に見に行っていた機械なんだから、ここで買ってもバチは当たらないんじゃないの?」
と思い直して「購入」しました。

ハイレゾ用の曲は主にダウンロード購入であり、通常音質の曲よりも価格は高くなります。
いくつかの曲について、ダウンロードやCDからの取り込みの普通の音質とハイレゾ音質の2種類を買って持っており、聴き比べたことがあります。
DACなしのハイレゾ対応ヘッドホンで聴いた感じでは、僅かに違うような気がします。
私が主観で例えると、
「通常音質はコンビニのお弁当で、ハイレゾはおうちの夕食」
とか。
「通常音質はガツンと美味しい有名チェーン店のどんぶりモノで、ハイレゾはちょっとだけいい店の親子丼で上品なお味で物足りないけど、ときどきダシの味にハッとする」
みたいな。
例えが同じですよね。アタマ悪いのがバレます。
そして私はコンビニや有名チェーン店のガツンとした味が好きなのです。
それなのに???
まだ機器を揃えるの???

正直、何も言われないで聴けばどっちでもいいのです。
よほど耳を澄まさなければ、私には違いなんてわかりません。
また私が持っている機器でハイレゾで聴こえるようになるプラスアルファ分の周波数なんて、正直今の私には聴こえない領域です。
(アプリで調べて証明済みです)

でも、比べてみたい。

そんな感じです。

 

 

いま、100円でもたいていのモノが買えます。
機能だけなら、ごく少ない金額で目的のほとんどは満足できるのです。
服だって、安くて十分かっこいいです。
すごくお金をかけたことで追加される満足度なんてほんの少しなのに、私はついそこにお金を使ってしまいます。
それが見栄というものなのかもしれません。

逆にお金を使ってもらおうとする側からは、狙い目なのでしょうか。
その「ほんの僅か」の違いのために、既に持っている同じ曲をハイレゾ買用にい直し、機器を買う高齢者が存在するのです。
私だ!。

そういえば私、ハイレゾ対応コンポも持っている( ゚Д゚)。
邪魔になって、箱に入れて片付けてしまったので忘れていました。
確か去年には、カラオケのハイレゾルームにも入ってみたのでした。
(部屋の上隅に設置されたスピーカーに「ハイレゾ」マークが入ってましたwww)

わたし、ハイレゾに結構なお金を使ってます(@ ̄□ ̄@;)!!

 

 

ハイレゾを楽しむ方法はいろいろあると思います。
若者も、スマホにいいヘッドフォンを差したり電波を飛ばしたりして、音楽を楽しんでいるようです。
興味のあるかたはお調べになったり、家電量販店で相談してみてくださーい。

音の世界は、ややオカルトチックな沼へ入っていくようなドキドキ感があります。
でも、好きなアーチストの好きな声をもっとリアルに感じたい、という欲求があるなら、試してみてはいかがでしょう。

「限られた自分の時間を好きに過ごしたい」
と、
思いながらDAC待ちの今です。
物欲肯定!

結果はどうだったか、またそのうちご報告いたしまーす(*≧∇≦)ノ。