2018年、私のベストバイ

暮れも押し迫り、「2018年ベストバイ」といった記事を見かけるようになりました。
本日は、私が2018年に買って一番良かったと思った「ベストバイ」をご紹介します。

 

 

じゃーん。

「株式会社あかしや」さんの化粧筆です。

私はきちんとした筆を使ったことがなかったので、この肌への優しさは感動でした。

地元にできた「中川政七商店」さんをうろうろしていたら、これが置いてありました。
「ああ、チークブラシがほしかったのよねえ」
となどと思いながら一度は素通りしました。その数日後、再度お店に寄って求めたものです。

毛は抜けないし(今のところ)、クリームチークが自然に乗るし、大満足です。

 

 

中川政七商店さんは、1716年創業の奈良の会社です。
ずっと麻織物の会社で、現在の十三代 中川政七さん(中川淳さん)が今の業態を確立して工芸をベースに直営店を展開されています。
ブランディングには、われらがくまモンのお父さん(お母さん?)水野学さんが関わっておられると聞きました。
そのへんは全く不勉強なので、落ち着いたら中川政七さんの本やお二人のことが書いてあるサイトを読んでみたいと思っております。

購入した化粧筆の「株式会社あかしや」さんも、奈良市の歴史のある会社さんです。
飛鳥時代に筆が輸入された後に遣唐使として中国に行った弘法大師(空海)が大和国の方に作り方を教えたのが日本の筆の始まりとのことです。
偶然ながら、歴史の古い奈良筆に出会えてちょっとうれしいです。

あかしやは、古くより大和の国において南都七大寺の筆司として筆造りに従事して参りましが江戸中期に初代の当主が筆問屋として、あかしやの看板をあげ現在まで約300年の伝統を誇り、筆の持つ文化を継承する筆専門メーカーです。

http://www.akashiya-fude.co.jp/020_about/

 

 

というわけで、2018年「私のベストバイ」は株式会社あかしやさんの化粧筆でした。

もう一本、もう少し太い筆も必要です。

悩みつつ、忘れつつ、毎朝鏡の前で思い出す年末です。