マスクカバーの試用と改良

こんにちわ。
先日、マスクカバーを作ってみました。

マスクカバーを作ってみました

使い捨てマスクにカバーをかけて、マスクは洗って延命したいとの考えで始めたことでした。
今日はその話の続きです。

 

 

数日前に母の家に行ったときに、マスクカバーを着けて使ってみました。
母は高齢で私から何かしら感染するといけないので、私は母の家では飲食のとき以外はマスクをしています。
この日はマスクやマスクカバーを汚すのが嫌なので、完全ノーメイクにしました。

前回に作ったマスクカバーは、マスクサイズではなく内側に弛みを残したままでした
おまけに、ペーパータオルを2枚も、折って入れてみました。

い、息苦しい…。

銀行とコンビニに行って帰ってきました。

鏡をみてビックリ。
余った布がダランと下がって、
口元はモコモコして、

アゴが外れた人が顔におむつをしている図!

そして声がこもるのも問題。

あああ。
これで外に出てきたんかい。

 

そして翌日自宅で。

…もう、マスクカバーやめちゃおうかなー。
ツイッターをみても、
「マスクを再利用なんて引く」
っていう引く人も多いし。

そう思っていたところ、家の外を配送の車がが去っていきました。

んん?

ウチの郵便受けにこの前頼んだ柄ガーゼ生地が入ってた!
それも3種類も…
どーすんだ、これ。

やるかー。
まずは洗うかー。

というわけで、
新しく届いたガーゼ布と
前回作った不完全マスクカバーと
母の家で使った不織布マスク
を洗濯機で洗いました。

夕方に思い出して、アイロンとミシンを出してきて作業開始です。

前回作った布が余ったままのマスクカバーは、余っていた布部分をジャストマスクサイズの場所で布を切りながら縫って、次々に筒にしました。

ニナリッチのマスクカバーになっちゃいました。

新しい布は、適当に切って折ってアイロンをかけて縫って。
同様の筒を作ります。
そしてまたアイロン。
あまりにテキトーなので、形も変です。

これがまた濃い色なんです。
目立つわあ。

というわけで、前回分も含めて12枚のマスクカバーができました。
また洗って、いまは干しています。
あとでアイロンもかけなきゃ。

 

 

…マスクカバー、私使うかなあ。
使わないんだろうなあ。
でも使いたいなあ。
ま、とりあえず母の家で使います。

「マスク 再利用」でYahoo!リアルタイム検索を検索すると、
「再利用なんて引く」
「再利用するくらいならマスクをしない」
といったツイートがありました。

だよねえ。
引くよねえ。
でも私の目的は、自分の飛沫を人に飛ばさないこと。
先がわからない今、自分が使うマスクをsaveすることは悪いことではないのでは?
結果的にすぐマスクが買えるようになったとしても。

不織布マスクの再利用については「自分に都合のいい記事」を見つけたのでこの方法を信じることにしようと思っています。

こんな時どうするQ&A:不織布マスク 洗って再利用 破れたら絶対使わない – 毎日新聞

そもそもこれまでコロナウイルス流行以前の私は、くしゃみを一つしただけでもマスクを取り替えていました。
臭くなるし。
もし自作カバーを使うならば、1日に何度もカバーを替えることができるのはメリットです。

しかし乾かしてる間に汚れがつくとか、悩ましいこともありますな。

部屋のなかで下がっているカバーたちを見て、
「短期間で風呂場で乾かしてすぐ回収しないとダメかなあ」
とか
「また洗おうかなあ」
とか考えております。

 

あー、トイレットペーパーホルダーに続いてまたカバーを用意しちゃったよー。
貧乏性のおばさんです。

とはいえ、またミシンを使えて楽しい時間でした。
満足でーす (*≧∇≦)ノ。