カットソー(Tシャツ)を作ってみました

こんにちわ!
私は先日、ミシンを購入しました。
ミシンを買いました | Andastar

今日は家に長くいることができる日だったので、そのミシンを使って初めて一人で服を作ってみました。
今回のブログは、この時のことをご紹介します。

 

 

◼️布地
布は、先日大きな手芸屋さんに寄ったときに購入しておいたものです。
明日からでも着たいのだと「白くて薄いTシャツ用の布」が欲しかったのに、咄嗟に「安いから」「好きな柄だから」と客観的に変な布を買ってしまいました。
今触ってみると、今着れないことはないけどどちらかと言えば秋冬物でした。
だから安かったわけですが(泣)。

◼️型紙
昨夜、本の型紙をトレッシングペーパーに写して作成したところでした。
サイズが合わない可能性が高いので補整するか迷いました。
結局、
「慣れてないのだからまずは型紙のとおりに作ってみよう」
と決めました。

◼️カット
A3のカッターマットの上でロータリーカッターで布を裁断しました。かなり時間がかかりました。
初心者のくせに生意気と思いながらも、
「やっぱり大きなカッターマットなら一気に布もずれずに短時間で切れるのに」
と心が揺れます。
初心者だからこそ、道具に助けてもらいたい~。大きいのほしいー。
あ、今回合印を入れるのを忘れてしまいました。

◼️アイロン
後ろ見頃の肩と襟ぐり部分に、「のびどめテープ」というものをアイロンで貼りました。

こんなちょっとしたテープが仕事をするのどろうかと半信半疑で貼りました。
当初遠慮してアイロンの温度を低くしたら、伸び止めテープはくっつきませんでした。
さよけ (-_-#)。

◼️ロックミシン
今回使う布の切れ端を使って試し縫いをしてから、本番に入ります。
シロートなので、試し縫いをしてもその縫い目がいいのか悪いのかも正直わかりません。

前回、ミシンに付いていた90番の糸では布の縫い合わせには不安らしいと聞いたのでお店で相談したら、
「えー、一本糸で縫うんじゃなければ大丈夫ですよー?」
と言われたのでそのまま細い糸で縫います。

布を切りながら縫うモードは「ロック」して、切らないモードで使います。
縫い間違えたときに、布を裁ち落としてしまってはやり直しがきかないからです。
案の定、一番最初に縫った肩部分(前見頃と後ろ見頃を合わせたところ)で、いきなり布が落っこっていて一枚しか縫えておらず、糸をほどいてやり直すといった失敗がありました。
今後も、本気でやるときはカッターは「Lock」の予定です。

今回のTシャツ作りで気を付けたのは、
「丁寧に」
ということでした。
私の性格からは珍しいことです。
布2枚の縫い合わせができているかチェック、縫いはじめと縫い終わりの糸は汚く見えないように時間がかかっても綺麗に処理をしてみました。

縫う順序や裾の処理は型紙の作り方の基本通りではなく、簡単な方法を選びました。

肩2ヵ所を縫って、
袖山2ヵ所を縫って、
袖の下から脇までを一気に縫って(2ヵ所)、
袖の裾を縫って(2ヵ所)、
全体の裾を縫いました(1ヵ所)。

ついでに、余り布でシュシュを作るためにミシンでできるところまでをやっておきました。
50センチ×10センチ前後の布を中表にして左右5センチくらいを空けて縫って筒にして、布を表にひっくり返して、端と端を縫い合わせておきます。
これまではここを手縫いでやっていたので時間がかかりましたが、ミシンを出すようになって楽になりました。
これをやるときはテキトー縫いで、布をカットしながら縫います(lockに戻すのを忘れると次回が地獄です)。
シュシュ作りの残り作業は、時間があるときにテレビでも見ながら片手間に、
ゴムを通して
ゴムを結んで
開いているドーナツの外周を手縫いして
終わりです(*´▽`*)。

◼️直線縫いミシン
襟ぐりは、ロックミシンではなく直線縫いミシンでステッチをかけることになっていました。
面倒だなあと悩んだあげく、襟ぐりの作業を最後に残して、テーブルの上のロックミシンを片付けて直線縫いミシンと置き換えて縫いました。

ジグザグで‥
「あっ、ジグザグの大きさ間違えた!」
と糸をほどき、
やり直して、
「ジグザグの幅がマチマチ??」
と糸をほどきました。

「もしかしたら、この(古くて安価だった)直線縫いミシンでTシャツ用の布を正しく送るのは難しいのかしら?」
と疑問を持ち、襟ぐりは手で留めてしまうことにしました。

きっとこれから私と話をしながら服に目をやった人は、
「この人の服なんなんだろう?」
と思うのかもしれません。
「いや、人はそんなに自分のことは見ていないのであーる」
と思い直して、チクチクと手作業をしました(不揃い)。
これはこれで、幸せなひとときでした。

購入したロックミシンでは、やりたかった「カバーステッチ」という機能がありませんでした。
市販のTシャツなどにあるような、表は2本糸で裏はロックミシンの処理ができているというものです。
何も調べずに買ったあとで、
「専用のミシンがあるような機能だったのかー( ´△`)」
と知りました。
そりゃそうかー。
(ロックミシンと一緒になっている複合機もあるそうです)
これから、そういうところの処理をどうするかは調べたり練習したりしたいと思っております。

 

 

出来上がったTシャツを着てみたら、今のところサイズに問題はありませんでした。
あとは洗ったらどうなるかです。

とりあえず

「私は使える型紙を手にいれた!」

とドラクエのBGMが聞こえてきそうな全能感を感じました。
Tシャツならこれをベースに好きな布で作ればいいのですー。やったー。

 

 

さて、Tシャツ作りという2時間で終わらせることが出来るはずの作業に、今日は3倍くらいかけてしまいました。
ただ、時間がかかってもいいからこの方法を選ぼうかと思ったことが2点ありました。

1. ロックミシンの縫い始めと縫い終わりの糸を、環になっている4本の糸をほどいて2本ずつにして縛って切る方法をとる

2. 型紙を置いて裁断するときに切る合印を、ハサミで切って傷をつけるのではなく逆に外側にツノを作ってみる。もしくは後でで消える魔法のペンで書く
(私は合印を切り過ぎるので、縫い合わせの出来に支障があるから)

糸処理は、今日はこの1の方法をとってみたら、ほどくのに時間がかかるわ糸が絡まるわで時間的にはどーなのと思いました。
しかし、4本一緒に結ぶのは今のところ玉が布から遠くなってしまってうまくできません。
当面このほどいて結ぶ方法を続けつつ、作った服を洗濯しながら着てチェックして、ベストな方法を考えたいと思います。
まずは一着作ることができて、安心しました。

 

これまで、服を買うことはどこかに罪悪感がありました。
もし私が家計簿をつけていたとしたら(挫折しました)、これまでのTシャツ代もこれからの布代も同じ被服費でありながら、布は趣味寄りの支出になります。
ひとつ、幸せを手にいれた気分です。

あとは、もうちょっと先まで行けたらいいなあと思います。
合間を縫って服を縫ってその作れる種類を増やすには、ひとつひとつ丁寧に進めることと時間管理が大事かなと感じています。
普段からやりっ放しの私がまた手をつけたこの作業がどこまでいくのか、楽しみです~。
またご報告させてください~m(_ _)m。

【後日談】
実際に着て出かけてみたら、襟ぐりが大きすぎるという難に気づきました。
理想の型紙にはまだ遠そうです。
次は方眼用紙を用意しようかしらと思っております~(*´▽`*)。