御徒町「ヴェジハーブサーガ」に行ってきました! VEGE HERB SAGA <100% VEGETERIAN RESTAURANT>

先日、東京メトロ銀座線に乗って上野駅に向かっていました。
「お昼ごはん、何食べようかなあ」と頭に浮かんだところで、上野広小路駅のドアが開きました。
ここで、「そうだ、久しぶりにヴェジハーブサーガでカレーを食べよう!」と発作的に降りてしまいました。
御徒町の「ヴェジハーブサーガ」は、完全菜食インド料理店です。
日本初めての100%ベジタリアンのお店で、完全禁煙です。お酒も置いていません。
2009年に開店してから、ずっと人気のお店と聞いています。
2015年にごく近くへ店舗が移転したと聞いてから、私はまだ行ったことがありませんでした。

JR御徒町駅からヴェジハーブサーガへは、すぐの徒歩2~3分です。南口から出ると近いです。
東京メトロ日比谷線の仲御徒町駅から徒歩2~3分、都営大江戸線 上野御徒町駅 からだと徒歩3分だそうです。仲御徒町駅からは119m。近いですねー。

この日に私がとっさに降りた上野広小路駅からは、地下通路をのんびり歩いて初めての場所なので少し迷って計12分。
地下通路からはA6出口を目指して行きました。

着いたー。移転後も、お店は地下にあるのですね。
看板は変わりました。前の看板の写真の男の子が成長したのかしらと嬉しく見ながら階段を降ります。

おおっ、今度のお店は、広くて席数が多いです。食べログによると32席だそうです。貸し切りパーティなどの場合はもっと人数が入ります。
2人席がいっぱいあるのも、一人で食事がとりやすくていいですね。
前の店のときはいつもお客さんがいっぱいで、ほとんど相席でした。
移転前の店の情報を食べログで見たところ、「25席(テーブル席のみ。相席がルール。譲りあいましょう。)」と書いてありました。7席しか違わないようですが、多分店が広くなっているので居心地はかなりよくなっていると思います。
いや、シェフの鼻歌が聞こえるくらいのあの狭さも魅力でしたが~。

この日私が入店したのは土曜日の13:15で、お店には数組のお客さんだけでした。
席に着くと、スタッフさんがにこやかにメニューを見せてくれました。

メニューには「Vegetarian」「Vegan」「Jain」の文字があります。

おすすめのページを開いて、「どっちがいい?」と聞かれて「南!」と即決。
しかし、「昼食には豪華すぎるかなあ」と保留にさせてもらってしばらくメニューを見て考えました。

「でも今回も4年ぶりくらいだし」
「なかなか寄れないし」
「メニューの一品料理は膨大で選ぶのに悩みそうだし」

…ひとりで一通り食べられるからこれがベストかなあ、
「えいっ」。

と、初心貫徹で「チェンナイ・エクスプレス(南インドミールス)」を注文しました。

プーリとチャパティの選択は、「揚げてない方のチャパティ」で選びました。

しばらくすると、これが来ました。
インドの薄いおせんべいで、メニューの「パパドム」かと思います。パリパリして美味しいの!

なお、私は正しいインド料理の食べ方はわからないので、好きなように食べています。

そして、それほど待たないうちにメインディッシュが届きました。

チャパティはちぎってカレーに付けて食べながら、場所を開けてライスさんのお出ましに向けて準備をします。
小さく折れているのは、パリパリせんべい「パパドム」です。

ライスの右隣にある白いのは、ヨーグルトと野菜のディップ?「ライタ」です。
その右にあるのが多分デザート。甘すぎず、美味しかったのですがあれは何だったのか。
芋のような味で、舌触りは表面に感じるつぶつぶが新鮮でした。

左手前のドーナツは多分「ワダ」。右の赤いスープ(多分サンバル?)に浸して食べました。

真ん中が開いたところで、ご飯を皿に出して、残しておいたカレーやスープやライタを5種類全部かけて、混ぜて…。ライスがほそーい(@_@)!
まだらに混ぜるので場所によっていろいろな味を楽しめる、一期一会の食事です。
いや、どう食べるのがいいのかよくわからないのですが、好きにしていいよね!。

飲み物は、食後にチャイです。私には、甘すぎずちょうど美味しいお味でした。

帰り際にホワイトボードの手書きの店名を写真に撮らせてほしいとお願いしたら、スタッフさんの写真も撮っていいよと仰っていただきました。
シェフの写真も撮っていいとのこと、ブログ掲載オッケーだそうなので、こちらで紹介させていただきます。

ホワイトボード、他にはどんなふうに使われるのでしょう。そういえば前の店で開店と同時に入店したときには、黒板に今日のカレーを書くお手伝いをしたことがあります。アットホームさが居心地がいいお店なのです。

笑顔でおすすめ~サーブしていただきました~。感謝です!

シェフです。美味しい食事を作っていただいてありがとうございました!

14時ころに店を後にしました。
おなかいっぱい。美味しかったー!
約1時間の滞在中、日本人は私以外に2組くらいで、あとのお客さんは外国の方でした。
日本でも安心して食事をとることができる、貴重なお店なのだろうと思います。
ヴェジハーブサーガは、もともとは宝石商のオーナーが家族の食事のために作ったお店と聞いています。
しかし一時はお店が大変盛況で自分たちが食べることができず、別のベジタリアンのお店へ出かけなければいけなかったとか(@_@)。

私はベジタリアンではないけれど、ここの食事が大好きです。
思えば、大昔に行ったホームパーティーでインド人の男性が作ってくれたオクラの炒め物が、私の野菜食への憧れのベースになっています。
動物性の出汁やらエキスやら一切入っていないその料理が、とても美味しかったのです。
彼は、白いスーパーの袋に30種類ものスパイスを入れて(おそらく常に持ち歩いていたのだと思います)、何よりもこれが大事なんだと言っていました。
このエピソードを思い出して、今、スパイスについて改めて学んでみたいなあと思いました。

店を出て駅方面へ歩くと、途中に「石のKING」さんがありました。
あっ、今度の「ヴェジハーブサーガ」はこんなに駅に近かったのか、と気が付きました。
「石のKING」さんは個人で気軽に商品を購入可能なのです。
以前はここで数珠状にぶら下がっている多くの石の中から、好きな色の石を選んで購入して、家でブレスレットを作ったりしました。
もう少し行くと高架下には行列があります。おそらく蒙古タンメン中本に入る方々の列でしょう。
辛いもの好きというわけではないですが、中本は「蒙古タンメンを食べてみたい」と常々思っています(味噌ラーメンは食べました~)。

東京は駅ごとに個性が全く違って面白いと感じています。中でも御徒町の雰囲気はまた独特です。
久しぶりに立ち寄ったことがきっかけで、「御徒町」経由「上野」がマイブームになりそうです。
次の移動時はアメ横の中を通って、前に知人から薦められたインド料理食材専門店「大津屋」さんにも寄って、スパイスを探してみようかと思います。

ところで、「ヴェジハーブサーガ」のメニューの数は大変多く、悩むのも楽しそうでした。
今度はヴェジハーブサーガ大好きな友人と一緒に来て、二人でいろいろな種類を頼んで、シェアしていただきたいと思っております。
そういえば以前には、ヴェジハーブサーガのためだけに仕事が終わってから地元を出て21時すぎに待ち合わせて滑り込んで、食事をしたこともありました。
そんなにも好きなので、いま友人に連絡したら「いいなあー!行きましょう!」とすぐ返事が来そうです。

お店の場所は以下のとおりです。

ヴェジハーブサーガ – VEGE HERB SAGA
住所 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビルB1
営業時間 Lunch 11:00~15:00(LO14:30)/Dinner 17:15〜23:00(LO22:30)

お支払いは現金のみだそうです。クレジットカード不可ですのでお気を付けください~。

久々に満足です!。また行きます~(^▽^)/。