【昼寝をしています】おかあさんといっしょ(その37)

こんにちわ。
今日は、最近の母の家でのことを思い出して書こうと思います。

 

 

◼️私の口調がまた強くなった
さっきも怒ってきたところで、反省しています。
時間がないときは、特に強く
「ガーーーーーーー」
っと言ってしまいます。

昨日私が、
「この日のうちに食べてね」
と言った食べ物が残っていました。
「せいぜい今日までだから、絶対明日まで残さないように」
と強く言い捨てて出かけました。
「大丈夫だから(まだ食べられるから)」
と言われるとイラっとします。
その「イラっ」を抑えるために6秒待つ時間はないのです。

いや、ほんとうに私に時間はないのか?
いま、こんな風にブログを書いている暇はあるのに?

今後エスカレートしないように、気をつけようと思いました。
多分今後も注意する人はおらず、自分が気がつくしかないのです。

◼️昼寝をしています
最近、母のところに行くと私は昼寝をします。
昨日で3回目です。

空き場所に簡単に寝具を敷いて横になり、スマホをいじって2時間ほどうつらうつらします。
せっかく来て話もせず寝られては母も寂しかろうとは思いますが、横になるとやはり楽です。
自宅に帰ったら余力があったので、溜めているアイロンがけをしてスッキリしました。

昨日昼寝中にタブレットで読んでいたマンガには
「夜ちゃんと寝られるように昼寝をしちゃだめ」
と書いてあるコマがありました。
確かに夜寝られなかったので、その点では
「ダメじゃん」
と思います。

次にどうするかは次に決めます。

それにしても、

昼寝をする余裕があって「介護」という言葉を使うなんて片腹痛いわ、

と自分で突っ込んでしまいました (^_^ゞ。

でもそう思う自分自身、
「介護しています」
というなら
「辛くなくてはいけない」
という思い込みがまだあると気づきました。

◼️母が音に驚くようになった
今朝、後ろから
「おはよう」
と声をかけたら、えらくビックリされました。
本人も、最近はよく驚くようになったといいます。
私のスマホの通知の着信音も嫌がります。
確かに大きい音ではあるのですが。

聴覚過敏の一種なのか、だとしたら原因はなんなのか。
母は家にいる間の多くは、テレビのコロナ情報を見ているのでストレスはたまっているかもしれません。

私が何気なく言うことにも、こっそり傷ついていることがあるかもしれません。
それぞれの小さな判断は違っています。
2人でいるということは、いいことばかりでもないのです。

 

 

今日は久しぶりに、立ち止まって母との時間を思い返してみてよかったです。

最近私は、自由になる時間のほとんどは母と一緒にいます。
あらためて、2人それぞれが楽しい時間であるように、気をつけようと思いました。

とりあえず、私が行ったら毎朝すぐにカーテンを開けて朝の光を入れよう。

そんな小さな決心をして、本日のブログは終了でーす(*´▽`*)。