【トイレットペーパーホルダーカバーその後】おかあさんといっしょ(その23)

こんにちわ。
以前に、トイレットペーパーの予備を置くためにトイレットペーパーホルダーカバーを探したことを書きました。
母が歩行器を利用しているためトイレの床にトイレットペーパーを置く場所がないので、
「予備の1ロールを入れておくたのスリーブを付けるためにカバーが必要」
という主旨のブログでした。

【買いましたシリーズ:トイレットペーパーホルダーカバー】おかあさんといっしょ(その13)

今回は、その後のご報告です。

 

 

ある日、母の家のトイレに入ると、床にトイレットペーパーの予備が置いてありました。

これでよかったじゃん!カバーを買わなくても( ゚Д゚)。

なんのことはない、
初めから私が、
「ここならペーパーの予備を置いても邪魔にならない?」
「自分でペーパーをとって付け替えられる?」
と母に聞けばよかったわけです。

私はなんでも買って解決しようと思う思考回路なので、短絡的にAmazonやら百貨店やらに向かってしまったのだなあと思います。

あとは、モノがないシンプルな場所にあこがれている自分の我があって、隙間にペーパーを置くのを避けたかなあと思います。

 

 

ともあれ、トイレットペーパーの予備がいくつも置ければ安心ですし、母が自分でセッティングできる状況と確認できてよかったです。

そしてトイレットペーパーホルダーカバーを買ったことは、よかったと思ってます!
布が、刺繍が、ちょっとした心の癒しです。
せめてそう思いたいー。

とはいえ、カバーは折れ曲げて使っている様子でその刺繍が見えませんが(泣)。

あらまー。
だよねー。

母の帰還から1ヶ月経った、ある日のスナップでしたー (^_^ゞ。