高中正義 デビュー50周年 虹伝説ファイナル at 日本武道館

こんにちは。
私は薬師丸ひろ子さんが好きで、11月にあった独占無観客ライブ配信のためにWOWOWの契約をしました。
契約は一ヶ月単位で契約は切ることができるのですが、かれこれ、ついつい、もう2月てす。
今年に入りスカパー録画環境も揃えて、せっかく契約しているのであれこれチェックをしています。
そんな中、軽い気持ちで録画しておいた高中正義さんのライブが良かった!
「あたし、実はこのライブに巡り合うためにWOWOWに入ってたんじゃないの?」
と見ながら思った、私にとっては感慨深いライブでした。

 

 

ライブは2021年11月20日、日本武道館の分の収録です。
どんなライブかは、以下、WOWOWの公式ページから引用します。

伝説のロックバンド、サディスティック・ミカ・バンドのメンバーとして名を上げ、1980年代のフュージョンブームの立役者のひとりとして数えられる、孤高のスーパーギタリスト高中正義。2021年はバンド、フライド・エッグのベースとしてプロデビューを飾ってから50年の節目であり、彼を語る上で欠かすことのできない2枚組の超大作アルバム『虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS』のリリースから40年というダブルアニバーサリーの年となった。
そんな中、デビュー50周年を記念したベストライブを全国8カ所で展開してきた高中正義が、ツアーファイナルを11月20日、日本武道館で開催。「虹伝説ファイナル at 日本武道館」と題されたこの公演は、ツアーとは別のスペシャル公演となっており、1981年の『虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS』の発売に合わせて日本武道館で2日間にわたり行なわれたコンサートを初めて完全再現するという内容。1部はアルバム収録曲を曲順通りに全曲演奏、2部はヒットソング満載のセットリストという構成で、名演と称された伝説のステージが復活した貴重な一夜をお見逃しなく。

引用元:
https://www.wowow.co.jp/detail/175124

高中正義さんは現在68歳だそうです。
回ったデビュー50周年ツアー全国8ヶ所は、広島、神奈川、富山、大阪、愛知、福岡、宮城、札幌です。
そのファイナルが、武道館。
11月20日なら、まだオミクロンが実感になる前ですね。
声を出せない満員の観客から立ち昇る熱気は、テレビ画面からも伝わりました。

前半は、名盤
『虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS』
を全曲披露です。
ステージ後方の巨大スクリーンには、懐かしいゴブリン(小鬼?)たちの絵本の世界が広がっています。
私はもう忘れていましたが、「ウル・デ・リコ」という方の絵本に曲をつけたアルバムでした。

そして私、この約40年前の「虹伝説」のツアーの地元の会館でのライブに行っているはずなんですよ。
おそらく高校生で、友人のいっちゃんと。
会場左端の前から二番目の席だったような記憶があります。
そんなこと、このライブを見なければ思い出さなかったなあ。
それを40年経って、68歳の高中さんの今の虹伝説を、家のテレビで見ることがなんとも胸に詰まるような感動でした。

2部のヒットソングは、次から次へと代表曲が演奏されます。
そして最後は「Blue Lagoon」なんだなあ。

2部では、赤いスーツに黄色いスニーカーでアルバムジャケットと同じポーズをとる高中さんがお茶目でした。
私は高中さんが笑って弾くイメージがなかったので、今楽しそうに弾く姿を見ると不思議な気がします。
とはいえ、そんなに深いファンではなくアルバムを何回か追いかけただけです(私が一番好きな曲は『ALONE』です)。
なので、「笑わないんじゃない?」みたいな偏ったイメージが残っているだけかと思いますが。

まあ、
何しろ、
このライブ、
ほーんと、よかった。

 

 

今月のWOWOWではひろ子ちゃんの11月のライブの2回めの再放送があるので、やっと録画の夢が叶いそうです。
今月で解約してもいいと思っていたけれど、月末近くに番組表が届いたら決めることにします。
今回みたいな出会いがありそうなら考えます。
また、現在の録画環境では機械が壊れたら引き継げなさそうな気がするので、BSのWOWOWで契約し直そうかとも思っています。
そこは、ちょっと調べてみよーっと。

忘れちゃってる思い出、あるよねー。
でも記憶にはまだ残ってるんだなあ。
記憶をひっぱり出すきっかけをくれたWOWOWさんに感謝した、今回のライブ放映でした。