チャコ&チコの歌声喫茶 in 西荻窪ココパーム

こんにちわ。
今日は、写真からお題を探してブログを書くことにしました。
メンバーズカードの写真が出てきたので、以前に2回だけ行った歌声喫茶のことを書きます。

 

 

場所は西荻窪駅からすぐの2階にある喫茶店でした。
1ヶ月に2回やっていたように思います。
記憶だけで書いているので、詳細は公式サイトで確認してくださいね。
チャコ&チコの歌声喫茶

私の生活範囲からすると、西荻窪は大変遠いです。
それでも行ったのは
「歌いたかったから」
です。
それももう4~5年前のことになってしまうのかも。

チャコ&チコさんは、懐かしいフォーク感が心に染みる素敵なコンビです。
ピアノとギターで伴奏してくださいます。
あちこちの場所で開いておられる「歌声喫茶」のひとつが西荻窪です。

私は急いで松屋かなにかでお昼を食べて13時開場の喫茶店に入ると、20人ほどの男女がいました。
60代~80代と思われる方々でした。

昔懐かしい旅行のしおりのような大判の本を渡されて、知っている歌知らない歌を順番にみんなで歌います。
気持ちよかったです。

途中でお菓子タイムかあったような。
ずいぶんたってしまって、夢のように忘れております。

こうして思い出せばまた行きたいですが、やはり現在は開催休止中のようです。

カラオケでは得られない、みんなで歌う楽しさは意外と得ることが大変なのです。
近くではみつけられなかったの。

知らない曲は、かなり昔の曲で、メロディーがとても美しかったです。
全く知らない曲なのにみんなについていく、その楽しさはちょっと最近にはないワクワクな体験でした。

歌うのが楽しかったと覚えているのは、
「栄光は…」
なんたらという、甲子園のテーマみたいな曲でした。
胸を張って歌いました。

 

 

今は
「野を越え山を越えても歌いたい」
という気持ちはありません。
あっても、できません。
何か、私はすべてを諦めてしまっているのかも。
でも、また機会があったら参加したいです。

見ていたら亀戸が近いから、月一回の月曜日を狙っていこう。
この世の中が落ち着いたら、いこう。
今年に、いこう。

こうして宣言することで、 いろいろ目標ができました。
命を守る行動をして、生きて、平和になった東京にいって大きな口を開けて歌うぞー。

だから今はおとなしくしています。

またチャコ&チコさんに会えるのを楽しみに、がんばろーーー!