熊本のいちご「ゆうべに」のこと

こんにちわ。
私はスーパーに入るとまず熊本のいちごを探してしまいます。
どうにも惚れているのが、
「ゆうべに」
です。
スマホを探していたら昔の写真を見つけたので、今日は「ゆうべに」のことを書きます。

 

 

熊本産の苺「ゆうべに」の名前は、2015年に公募で決まりました。
私も何かの名前で応募した記憶があります。
決定のニュースを知り、
「なんという美しい名前に決まったのか」
と感動しました。

私はまず、
「ゆうべに」
に漢字を当ててみました。

夕べに
夕辺に
夕紅
熊べに
熊紅

そう、熊本の「熊」は「ゆう」と読むのです。
有名人が熊本に来ることを、熊本県民は
「来熊(らいゆう)」
といいます。

「ゆうべに」は、
「熊本の赤」と言えます。
それは、熊本がテーマにしているキャッチフレーズにもつながります。
ほんとうに、いい名前をもらったね。

調べると、「ゆうべに」の公式ペーシがありました

ゆうべに 熊本県オリジナル いちご【公式】

これによれば、名前の由来は以下のとおりです。

熊本の「熊(ゆう)」とイチゴの「紅(べに)色」を
あわせて「ゆうべに」。
華やかさと上品さをイメージしています。

そして、「ゆうべに」公式キャラクターがいることを、私はこのページで今日初めて知りました。

「ゆうべに三兄弟 太郎&次郎&三郎」です。

3人は「ランナー」と呼ばれるつるで繋がっています。
これには、以下の意味がこめられています。

イチゴ株から伸びる蔓をランナーと呼び、
暖かくなると親株からランナーが伸び、根を下ろして新たなイチゴ株(子株)となります。
子株も大きくなるとランナーを伸ばし、孫株をつくります。
いちごのランナーは人間にとっての「へその緒」のようなもの。
イチゴ関係者の間では、イチゴの株は太郎、次郎、三郎の愛称で親しまれています。

(同公式サイトより)

「ゆうべに」の特徴は、
・スマートな円錐形
・芳醇な香り
・鮮やかな紅色
・控えめな酸味と引き立つ甘味のバランス
だそうです。

私は、地元の果物店で最初に見つけて購入して、大事にいただいたときの感動を思い出しました。

 

 

そんなわけで、個人的に思い入れの深い
「ゆうべに」
です。

書いていて、最近はいちごを食べていないなあと思い出しました。

次にお店に行ったら、いちごを求めて母と食べようと決めました。
「ゆうべに」に会えたら即買いですが、さて会えるかしら。

楽しみでーす。