【挫折・母の生活分解】おかあさんといっしょ(その79)

こんにちは。またごぶさたです。
今日は、さきほど挫折した作業のご報告をします。

 

 

ここ1年のコロナ禍で、
「いつ母のサポートができなくなるかわからない」
という不安を抱えております。

いま母ができないことを自力でやれるようにするにはどうしたらいいのか。

ストックしておかなければいけない物、購入品は何か。

それを考えるために、改めて母の行動をリストアップしてみようと先程思い立ったのでした。

よし、0時からの母の行動を考えよう。

そしてスマホに以下を書き始めました。

0:00 就寝中
トイレ 電気をつける 起き上がる 座る 歩行器を持つ 歩く 扉を開ける 歩く トイレの手すりを持つ 服を下げる 座る 用を足す ウォシュレットのボタンを押す もう一度押して終了する 紙を使う 立ち上がる 服を戻す 手を洗う 歩行器を持つ 歩く 扉を閉める 歩く ベッドの手すりを持つ 座る ベッドに足を上げる 電気を消す 体勢を整える 寝る

4:00 目を覚ます リモコンを持つ テレビに向ける ボタンを押す リモコンを置く テレビを見る

5:00 起床 テレビを消す 電気をつける 起き上がる 座る 歩行器を持つ 歩く 椅子に座る リモコンを持つ テレビを点ける

5:50 入れ歯を入れる(詳細不明)

6:00 食事 椅子から立ち上がる 歩行器を持つ 歩く 冷蔵庫からパンとスプレッドを出す 冷蔵庫の扉を閉める 水切りカゴから皿を出す パンを袋から出す トースターの扉を開ける パンをトースターに乗せる トースターの扉を閉める トースターのダイヤルを回す (3分間どうやって待つのか) パンの袋を閉じる トースターの扉を開ける パンを皿に乗せる(皿は机に置いてあるのか、トースター前まで持っていくのか)

…もうやだ。
疲れてしまいました。

このように、私はリストアップ作業に挫折しました。

 

 

とはいえ、これは大事なことで、パソコンがあるときにでもきちんとリストアップしたいと思っています。
ひとつひとつの行動が大変な人が、よくここまでやっていると思いました。
私から見たら、毎日が気が遠くなるような修行です。

ただし直近の課題は
「一人でも生活できること」なので、
まずは取り急ぎ「私がサポートしていること」を拾って、それを「母にどうやってもらうか」を考えるのが良さそうです。、。

さっき思いついたのは、
「お米のストックは、野菜室を片付けて入れておけば重くても扱えるのではないか」
「洗濯物は大きな目の荒い洗濯ネットに入れて洗濯機で洗えば、なんとか洗濯槽から取り出せるのではないか(2〜3に分けたほうがよいかも?)」
ということでした。

「アタック」というポンプ式の液体洗剤は1プッシュ15リットル分くらいの洗剤が出るので目が悪くても使えるのではと期待しています。楽なもんで、自分が先に使っちゃってますけど。

ただし、これ詰め替え作業が頻繁に必要です。
そういえばエヴァンゲリオンバージョンの本体が複数あったから、充填したものを母のところに置いておけばよいのね。

洗濯はできても干すのが大変かも。
背の低い物干しも用意しておけばよいかしら。
うーん、

 

 

そんなこんなを考えて、一気に疲れてしまった今朝でした。
でも考えなきゃー。

とりあえずアタックが自宅分もないから買うぞー!