【府中で朝食】令和初・私のミニ旅行(その4)

こんにちわ!
最近は、府中に遊びに行ったことをブログで書いています。
前回は、以下のとおり前泊したことを書きました、

【府中で泊まる】令和初・私のミニ旅行(その3)

朝から大國魂神社へ行ってみたら、今回必ず見たいと思っていた「府中ふるさと歴史館」が大國魂神社の境内にあることを知りました。

「わー、Googleマップで見ていたイメージと違う~(@_@)。こんなに近いところにあったとは!」
しかし、開館は9時で、あと2時間もあります。
駅あたりまで戻って朝食をとってから、再度来ることにしました。
今回のブログは、この朝食のことを書いております。
 

 

けやき並木を今度は逆に戻り、府中駅を通り越して北口側に回ってみました。
通りを、多くの車やバスが通ります。
ロータリーでは、行く手を阻まれるほどのバス待ちの大行列で、学生さんや社会人がいっぱいいます。
昨日少しだけ府中の夜に触れることができた「武蔵野うどん」さんはちょっとだけ向こう側にあるはずです。
このロータリーでは、府中の朝の顔を見ることができました。

さて、おなかが空きました。
見上げるとガストがあります。
ガストはゆっくりできて好きだけど、旅先でガストはもったいないかしら。
私はこれでも立派な旅行中なのです。

しばらくうろうろして決めたのは、駅の一階のパン屋さん併設のカフェコーナーです。

「Le repas(ルパ)」というお店で、京王食品株式会社が展開しているベーカリー、カフェ事業だそうです。

トレーをとって、まずは目に入ったフレンチトーストをチョイス。

ハッシュドポテトはどんなかしらと、これもオン・ザ・トレイ。

そして、さっき店の物色中にカレー屋さんの匂いに翻弄された影響で、ついカレーパンをとってしまいました。

「汝、貪ることなかれ (`_´メ)」

と、誰かの声が聞こえたような気がします。
「まあ、ひとつは持って帰ってもいいんだしね」
と念のため袋をひとついただきました。
が。

‥結局、全部食べちゃいました(@_@)。

さて、この中で強くおすすめしたいのは、このお店オリジナルの「府中フレンチトースト」でした。

次にこの店に来るときは控えめに、コーヒーとこれ(だけ)をいただきます!。おほほほほ。

 

 

ところで、お店を探していて気がついたことがありました。
あんみつを食べに行こうと思っていた「武蔵野茶房 府中店」さんが閉業していたのです。

目的がひとつなくなってしまったー。
田無に本店があるお店だそうなので、またご縁があったら行ってみます。
「おいものパフェ」が美味しいらしいので、あんみつか、パフェか、きっと悩むところです。

 

 

京王線は、おそらく私は初めて乗った路線です。
路線が違うと、いろいろなものが変わります。
パン屋さんも同じで、住んでいる人にはよく見る店でも、他の地域から来ると新鮮です。
エキナカの出店も、近隣や同じ沿線は見慣れたお店が多くて新鮮味がないですもんねー。

朝から食べ過ぎたことが反省点ですが、旅に出た感をルパさんの朝食でも満喫できてよかったです。

府中の話はまだまだ続きます~(*´▽`*)。