【府中へ行く】令和初・私のミニ旅行(その1)

こんにちわ!
私は、ここ最近行きたいと思っていた「府中(東京都)」に行ってきました。

1か月以内に行きたい場所(2019年4月版)

本当は翌日に朝から日帰りの予定だったのですが、前日の日中になんだか疲れて気力が減ってしまいました。
しかし、家光公の兎の絵を見るのはこれが最後のチャンスです。
そこで、急に「府中前泊」を決めました。
まあ、最近出掛けるときにちょこちょこ前泊をして楽しかったので、味をしめてしまったというのが真相ではあります。
今回のブログは、前日に府中に着くまでの記録です。

 

 

さて、夜です。
京王線府中駅にどうやって行きましょう。

総武線各駅で座ることができたので、
「このまま新宿まで行って乗り換えればいいや~」
とのんびりすることにしました。

新宿駅に着いたので、JRから京王線に乗り換えます。
20時25分くらいに、京王線新宿駅の改札を入りました。

「うっ‥。」

人の多さにクラクラします。
仕事帰りの方がいっぱいいます。
東京駅で人が多いのを見ても、ここまで怯まないような気がします。
場所が、路線が変わるだけでこんなにダメかしらー?
ドア付近で人が手を上げて乗っている京王八王子行きの電車を見て
「ムリー(泣)」
と思いました。
その時点で、ホームには次の電車を待つ人たちも大勢並んでいるのです。

ホームへ降りたり上ったりを三回繰り返して、途方にくれた後に、私は決めました。
21時発の座席指定券(400円)を購入してライナーに乗ります!。

「橋本行きのライナーに乗ったら途中調布で乗り換えで少し面倒だけど、それでも普通電車には乗りたくない~」
と思っての選択でした。
すると、次のライナーは京王八王子行きだから乗り換え必要なしです。
ラッキー!(*´▽`*)。

そして、これを書いている今知ったことがあります。
「ライナーは調布には停まらない」
のです。
よかったー、橋本行きに乗らなくて~(°▽°)、

ライナーの入線をホームで待つ間に向こうの線路の普通の京王八王子行きを見ると、
‥なんと空いています!

このライナーに多くの人が流れるからなのかしら?

とはいえ、時間が経つにつれて、普通電車の中の人はどんどん増えていきました

指定席に座って一息ついて。
目に入る席は全て埋っています。
京王ライナー、人気ですね。
わかりますわかります。乗りたいです。

見回したライナーの車内は、普通の電車をちょっと改造しただけといった車両です。
ふと下を見ると、充電用コンセントが!
お気遣いが細やか~( ´ー`)。

そして見てのとおり、足元は広々しています。
これは贅沢な空間です~(*´▽`*)。

 

目的の府中駅まではノンストップです。
多くの駅をすっ飛ばすことに、驚きました。
多分、生まれて初めて乗る路線です。
停まらないホームの駅名に一喜一憂します。

「桜上水駅‥」
「あ、知ってる!立川のあたり。」
いや、私は間違っています。
新宿のこんなに近くに立川はありません。
どうも、多摩モノレールの桜街道駅と玉川上水駅の2駅の名前と混同していたようですヽ(´Д`;≡;´Д`)丿。

GoogleMAPを起動して、動く現在地表示を見ながら、車内の掲示と外の景色とを見比べることにします。

「芦花公園」、知ってます。
熊本県葦北郡水俣出身の文豪「徳冨蘆花」の旧邸がある公園で、
「熊本の偉人だモン」
とくまモンがよく行くところです。

「仙川」、知ってます。
三鷹に近くて、ジャズのイベントがあるところです。

‥どうも知識が片寄っているなあ。

電車はどんどん進みます。
「国領」、「布田」、「調布」‥。
近くなってきた感じがします。

調布あたりは、古代に税として布を納めていたそうなのです。
調布の調は、租庸調の調なのですね。

あっ、「飛田給」、
この路線にあったのですねー。
長いこと正しく読めなかった地名なのです。
「とびたきゅう」ですね。

あら、「多磨霊園」の「ま」の字は「多摩川」の「ま」の字とは違うのですねー(@_@)。

そんなことを思っている間に、府中に着きました。
武蔵国の中心である「国府」が置かれた場所です。

「武蔵国って、どのくらい大きかったんだろう。」
「どこからどこまでを統治していたんだろう」

と思いました。
私ってなにも知らない(由貴ちゃんかっ)。

なお、府中の次の駅は「分倍河原(ぶばいがわら)」です。
「えっ、いま何て言いました?」
と、人に聞き返したことがある駅名です。

「府中駅」で電車を降りると、ビックリなアナウンスがありました。
400円の座席指定ライナー料はここまでで、あとはご自由にどうぞということでした。

そして、降りたホームの向かいには「高尾山口」行きの電車がいます。
そのまま無計画に乗ってしまいたい気持ちを抑えて、階段を降りました。

 

 

あとから、
「あんなに新宿で狼狽するなら、本八幡から都営地下鉄に乗った方がよかったのかしら?」
と思いました。
しかしそれは、今回は不正解だったようです。
電車は少ないし、途中で乗り換えが発生するし、乗車賃も少しお高くなるようです。

前夜のうちに府中に着いたのは、私としては「正解」でした。
気力を保って翌朝から観光ができるのはよかったです。
特に最近は朝の電車が時間通りに動かなくて気疲れすることも少なくありませんので、前泊を選ぶ率が増えました。

駅の改札を出たら、大きなバネルが迎えてくれました。

「ラグビーの街なんだなあ。」

あら、五郎丸さんがいる。アップにしてみよう。

えー、隣のかた、嬉しそうなお顔の口のなか、血だらけですやん!!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!。
ラグビーだなあ (  ̄- ̄)。

 

さてこうして、ミッションの1つの「府中駅に行く」ことが終了しました。
沿線の方には、いつもの通勤なんですよねー。
私なんか、このとおり、大騒ぎです。

さあ、お腹が空きました~(*´▽`*)。

また次へ続きます~ m(_ _)m。