1月に小田原に行ってきました(その1)

写真を見ていたら、今年の1月に小田原に行ったことを思いだしました。
きっかけは、JRの「休日おでかけパス」というものを知って、使ってみたいと思ったからです。
休日なら大人は2670円でフリーエリア乗り放題です。

そのときは一番遠くてオトクに行けそうな気がしたので、小田原を選んでみました。
私がJRで小田原まで行くと往復で約4500円相当なので、元がとれます〜\(^o^)/。
その頃は気づいてませんでしたが、オトク切符でなくても私鉄など路線によっては安くなるケースも多いのですね。
私は無意識に「まずはJRに乗る」という癖がついていることに気づいたのも最近です。
とはいえ、私の地元エリアからはやはりJRで行くのが一番楽でした。

 

初めての路線に乗って小田原駅に着きました。

駅の外に出てみると、見過ごせない大きさの像があります。
これは何かとネットで調べてみると、北条早雲公の像でした。

この写真では後ろに人がいるので、大きさがわかりやすいです。

そのとき見たブログには「その大きさに小田原市民の思いを感じる」と書いてありました。
「そうなのか、誰なんだろう。」
私はこの頃、歴史は全く分からず、聞いたことがない人だなあと思いました。

 

そのあと小田原城に行って、歴史館や天守閣を見て、少し歴史に興味を持ちました。

駅前の早雲公像は大きいし、あちこちに貼られているお祭りのポスターは「北条五代祭り」です。
今も小田原市民にそんなに慕われる北条家って、なんなんだろう、というのが今年の私の歴史ブームの始まりでした。

早雲公は、戦に強く、民を大事にし、人に節制を説き、自らにも厳しいすごい人です。
ここでもっと語れればいいのですが、今から本を読んで調べるところです。
「今年は歴史ブーム」という割には、私はいまだに何も知りません。
何も見なくても書けたり、話せる人がうらやましいなあと思いつつ、今日は予告としておきたいと思います。

 

また、このときのように突然どこか遠くに行きたいです~(^▽^)/。
その前に、小田原を振り返ってみたいと思いますので、(その2)へ続きます〜(そのうち…)。