デスティネーションキャンペーンについて少しだけ考えてみました

みなさん、こんにちわ。
さて、これはなんでしょう。

答えは、2018年5月14日に東京駅「動輪の広場」で開催された、デスティネーションキャンペーンと連動した栃木県PRイベント「いきあう!とちぎ」でいただいたイチゴ「とちおとめ」でした。

デスティネーションキャンペーンについては、しばらく前に書いた以下のブログでも「DCをきっかけに名古屋に行きたい」と少しだけ触れました。よろしければ、ご覧くださいませ。

【愛知県 熱田神宮編】秋の名所でいってみたい場所(その2) | Andastar

今年5月の栃木のイベントは、東京駅を通ったときにちょうど「とちおとめ」プレゼントの整理券をいただき、せっかくなのでそのまま30分ほど見ていきました。

久しぶりに「とちまるくん」にあえてうれしかったです~

いただいた「とちおとめ」のパックのフタには、2018年4月1日から6月30日まで実施されていた、栃木のデスティネーションキャンペーン「ようこそ 本物の出会い 栃木」のシールが貼ってありました。

よく見るとハイタッチの絵がカワイイのです。左はイチゴさんですが右は??

「デスティネーションキャンペーン」は、日本のJRグループ6社と自治体、観光事業者等が共同で行う大型観光キャンペーンです。

この日は5月14日。
4月1日から6月30日までの3か月間のデスティネーションキャンペーンの、ちょうど中間点です。
「後半も盛り上げていきましょう!」という意気込みを感じる、大きなイベントでした。
東京駅の駅長さんも参加されていて、制服が素敵でしたよ~(^▽^)/。

そういえば、そのころJR東日本のコンビニ「Newdays」では、かなりな広範囲で栃木フェアをやっていました(私はそのとき、「ポテト入りそばめし」のオニギリを買いました)。
そんななか、思ったのが、デスティネーションキャンペーンって、何かしら?ということです。
ずいぶんと大規模なイベントのようだと気にはなったものの、「とちおとめ」を美味しくいただいたらそのまま忘れていました。
(「デスティネーションキャンペーン」が長いので、以下DCと表記しますね)

栃木のDCの際に一番興味深かったのが「栃木県で実施するDCは 19 年ぶり2回目」の表現でした。
「●年ぶり●回目」、って紅白出場や甲子園出場のようですね。
そして47都道府県が持ち回るなら計算が合わないのではないかしら?、とそのときは不思議に思いました。

そこで今回、1978年度(昭和53年度)の第一回から、2020年度(新元号2年度)1月~3月に予定されている京都市分までを、ざっくりとExcelで数えてみました
Wikipediaの2018年10月初旬現在の記載情報をもとにしております。
また、実施地域未定分は除いたり、細かいところを手で変更しております。
誤りがあったら申し訳ありません。

(元情報)
デスティネーションキャンペーン – Wikipedia

(数えた結果)

■DC実施回数の多い順

京都市 22
新潟県 7 (他に複合で「新潟県・庄内エリア」「群馬県・新潟県」の複合回あり)
山形県 6 (他に複合で「新潟県・庄内エリア」「東北地方」の回あり)
北東北 5 ((青森県・岩手県・秋田県)内の全域 )
長野県 4
福島県 4 (他に「福島県・あいづ」の回があるので実質5回)
熊本県 3 (他に「熊本県・宮崎県・鹿児島県」「熊本県・鹿児島県」「九州」の回あり)
富山県 3 (他に「富山県・石川県・福井県」の回あり)
北海道 3 (他に「青森県・函館」の回あり)
秋田県 3 (他に「北東北」「東北地方」の回あり)
山陰 3 (他に「鳥取県・島根県」(山陰)の回あり)
和歌山県3
広島県 3
山口県 3
栃木県 2
岡山県 2
福井県 2 (他に「富山県・石川県・福井県」の回あり)
茨城県 2
静岡県 2
山梨県 2
群馬県 2
四国 2
岐阜県 2
岩手県 2
仙台市・宮城県 2(他に「東北地方」の回あり。)
富山県・石川県・福井県 1
新潟県・庄内エリア 1
福島県・あいづ 1
青森県 1  (他に「青森県・函館」「北東北」「東北地方」の回あり)
奈良県 1
青森県・函館 1
福岡県 1 (他に「九州」の回あり)
滋賀県 1
九州 1
石川県 1 (他に「富山県・石川県・福井県」の回あり)
鹿児島県1 (他に「九州」「熊本県・宮崎県・鹿児島県」「熊本県・鹿児島県」の回あり)
三重県 1
横浜市 1
千葉県 1
熊本県・宮崎県・鹿児島県 1
大分県 1 (他に「九州」の回あり)
群馬県・新潟県 1
長崎県 1 (他に「九州」の回あり)
兵庫県 1
熊本県・鹿児島県 1
佐賀県 1 (他に「九州」の回あり)
鳥取県・島根県(山陰) 1
東北地方 1

■県単独でのDC実施履歴・予定がない都道府県(近隣地域と一緒に実施)
鳥取県 「鳥取県・島根県(山陰)」「山陰」
島根  「鳥取県・島根県(山陰)」「山陰」
愛媛  「四国」
香川  「四国」
高知  「四国」
徳島  「四国」
宮崎  「九州」「熊本県・宮崎県・鹿児島県 」

■単独での開催履歴・予定がない都道府県(イレギュラーケース)
京都府 京都市では22回だが、京都府としては0回
宮城県 2回とも「宮城県・仙台市」の開催。県内なので、事実上単独開催ではあります、

■DC実施が一度もない都道府県
沖縄
埼玉
大阪
東京

以上、気になっていた開催状況を回数で確認してみました。

さて、こうして実施回数を数えてみて、まずはDCを実施したことがない都道府県が4県あるのが意外でした。
東京、大阪はそもそもキャンペーンの必要がないのかもしれません。
沖縄は電車で行けないので、JRが中心のこのDCでは候補にならないだろうと思います。
埼玉は、いつ実施されるのか楽しみに状況を見守りたいと思います。
(後日追記 埼玉は、観光地への足がJRではなく西武鉄道なのでデスティネーションキャンペーンは難しいでしょうとのご指摘をいただきました。確かに!。m(__)m。)

開催地域の多い順では、やはり京都市が一番でした。
京都市の初回は1979年です。
DCは2000年から、きれいに四半期で分けて1年度に4回のDC実施になっています。
この2000年が京都の2回目で、以降は毎年度1月から3月に「京の冬の旅」シリーズでDCが実施されています。
「京都府」ではなく「京都市」であるところが、膨大な観光資産を持つ京都らしいと感じます。

九州では、唯一「宮崎県」が単独実施がありません。
宮崎県は、電車での移動の点で、乗り換えが必要になるからかもしれません。

DCは、1978年度(昭和53年度)に和歌山県での実施を皮切りに続いています。
途中、国鉄民営化に伴い、1986年度(昭和61年度)、(昭和62年度) には実施がありませんでした。
実施回数をExcelで数えたところでは、120回ありました。
途中、新幹線の路線が増えて、それがきっかけでDC実施が始まった県もあるかもしれません。
ゆくゆく、そんな経緯も時系列で確認してみたいと思います。

素人の浅い感想で恐縮です。

今実施されているDCは、愛知県です。
キャッチフレーズは、「未来クリエイター愛知」。
9月には、地元の電車DCで中づり広告を見つけることができました。

以下は先日(10月)に東京駅で見つけたポスターです。

常滑の道も、名古屋城の本丸御殿も、気になっております。行きたいです~。

先日はTVの「遠くへ行きたい」を見ていたら、間に入るCMも愛知のDCでした。
これまでは気づかなかったのに、関心を持つといろいろな情報が光って見えるようで驚きです(@_@)。

ところで、デスティネーションキャンペーンには、なんと予行演習の「プレキャンペーン」もあります。

例えば、2018年7月から9月までの期間は、「熊本デスティネーションキャンペーン(DC)プレキャンペーン」が実施されていました。
JR東海、JR西日本、JR九州と熊本県との共同企画として、中京圏・関西圏・中国エリア・九州エリアから熊本県への送客を目的としてプレキャンペーンが実施されました。
予行演習を兼ねて、DCの1年前にプレキャンが行われるそうです。実際に集客増の効果もあるのだとか。

なお本番DCは、2019年7月~9月の3か月間、全国JRグループ6社と熊本県・(公社)熊本県観光連盟の共同企画で実施されます。
予行演習のプレキャンペーンではJR3社でしたが、本番では日本全国に対して熊本地震からの復興をアピールするそうです。
来年の熊本DCのキャッチフレーズは、「五感、ひびく、観動旅 もっと、もーっと!くまもっと。」です。

くまモンが、かわいいポーズをしています。
タケモトピアノの音楽にのせて歌ってみると、ほーら、もう忘れられませんね(^▽^)/。

DCについてはいずれまた調べてご紹介したいと思っております。

 

ここしばらく、自然の驚異に翻弄されて眩暈を感じている間に、平成最後の夏が去っていきます(これを書いているときは10月初旬なのにまだ暑いのです)。
台風、地震、大雨…日本全国の多くが被災地と呼ばれる今、現地を思うと胸が詰まります。

大昔は、旅行といえば海外のイメージが強かったですが、今は国内に目が行くようになりました。
さまざまなキャンペーンがあることと思います。
人が国内を移動しようとする意欲を掘り起こすこためには、こういったPRはこれから一層求められることと感じます。
これまでは3か月おきに変わるこのデスティネーションキャンペーンに気づくことがありませんでしたが、これからはちょっとポスター等を気にしながら駅を歩いてみたいと思います。
該当自治体の皆様はお忙しいと思うので、ご自愛のうえ、よいキャンペーン期間を過ごしていただけたらいいなあと思います。
そして、より多くの皆様がDC実施地域を訪れますように~m(__)m。