【CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ) 亀沢店に行ってきました】私のおかゆ道(その2)

こんにちわ!
下記のブログにも書きましたとおり、ワタクシ、個人的にお粥のプチブームが来ております。

【異常な情熱】私のおかゆ道(その1)

今回は、上記ブログで
「いつも朝ごはんに困っていたある町で、救世主のようなお店を見つけました」
と予告したお店、
「CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ) 亀沢店」
のご紹介です。

 

 

同店には、3回足を運ぶ機会がありました。
その3回にわけて、ご紹介します。

■1回目
「錦糸町で朝ごはんを食べたい!」
と電車の中でスマホで調べていたら、
「CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ) 亀沢店」
さんを見つけました。
なぜこれまで見落としていたのかしらー。
待ち合わせに間に合うか心配ではありましまが、寄ってみることにしました。

錦糸町駅南口へ8:37に出て、ロータリーを左側へ歩きます。
途中、右手にスカイツリーが見えます。

やよい軒24も見えます。

入ったことないし、やよい軒でもいいじゃん。
いやだめだろ。

一人そんなことを思い、つっこみながら進むと、長く大きな公園があります。

ここは海抜-0.7m…マイナス0.7メートル!(@_@)。

バスなら最寄りの停留所は、「すみだトリフォニーホール入口」です。

2019年5月現在の写真です。ご注意ください~。

京成バスの「南部ルート」って何かと思ったら、両国~押上~錦糸町の間の気になるポイントの停留所に停まって回る、「墨田区内循環バス」でした。
通称、「すみだ百景 すみまるくん、すみりんちゃん」です。

気になるポイントを押さえてぐるぐる回ります。
例えば両国なら、勝海舟生誕の地・吉良邸跡のバス停も停まります。
なんと魅力的な!
一時間に4本くらい通るみたいです。
今度ゆっくり調べてみよう!

公園のすぐ先にお店です。
着きましたー。

のたのた写真を撮りながら歩いているので10分かかっていますが、各種サイトによれば駅から徒歩5~7分くらいです。

他のお客さんと入れ違いに店に入ったらお客さんは私だけ!
女性一人でも入りやすそうな、素敵な空間でした。

入口には堀口珈琲さんの大きなロゴ看板がでています。これには、あとで納得しました。

奥に階段があります。

1階から見た、2階のお部屋と思われるスペースです。

メニューには、女子会にぴったりな飲み放題の案内もありました。

私が選んだお粥は、ほうれんそう味のポパイです。
モーニングセット(朝粥セット)もあって一瞬悩みましたが、私が求めているのはたっぷりのお粥なのですぐに初心に戻りました。

POPEYE(ポパイ)です

お粥は美味しかったです。
ベーコンも美味しい~。
これで295キロカロリー?。

上品で、女性に人気だろうなあと想像しました。

裏メニューに大盛りがあったら嬉しいと思いましたが、こんな洒落た店でそんなのを食べたいのは私だけでしょう。
というか、そもそも十分なボリュームがあります。
私は、中華街でいただいたときのお粥の感動を追っているのかもしれません。

思いがけず時間が余ったので、待ち合わせの時間近くまでコーヒーをいただくことにしました。

これがびっくり。
ワインのように、濃いベリーの味が残ります。
複雑に重なる風味に、何度もコーヒーを口に運んでしまいました。
そして驚いたことに、時間を経てコーヒーが覚めた頃には先程の味はないのです。

「こ、これはーー?珈琲なのー??」

そして、先に頼んだお粥とセット扱いにしていただけたので、500円が300円になっているのです。

いやいや、このコーヒーなら500円だって安いでしょ??

私はコーヒー通というわけではないので、フツーの人としての感想です。

あらためてメニューと一緒にあったリーフレットを読んで納得しました。

この味を消すのがもったいなくてコーヒーにはミルクも砂糖も入れなかったのですが、1つ齧ってみたコーヒーシュガーも美味しかったなあ。

ところで、「CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ) 」は、亀沢店だけでなく錦糸町店があります。
こちらは開店は11時です。
地図を見ると錦糸町駅からの距離は亀沢店とあまり変わらないように思えますが、徒歩4分と書いてあるので少し近いですね。
でも、少しだけ遠い亀沢店も、大通り沿いにありキョロキョロしながら歩くうちに時間が過ぎるので、5分以上歩いているような気がしません。

また、昨年から日本橋高島屋さんにも出店されているそうです。専門店の新館1階です。

老舗百貨店さんに選ばれるような、信頼できるお店だったのですねー。

「次回は、ヤクゼン味のお粥をいただくぞー!」

と心に誓って、待ち合わせ場所へと向かうために店を出ました。

■2回目
前回のように錦糸町駅から数分歩いて「CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ) 亀沢店」へ向かいました。

んん?店が開いてない。

なんと、前回からの約2週間の間に、開店時間が8:00から9:30に変わっていました。

どひゃー。
すごいタイミング。
そして残念~。

やはり「朝からお店でお粥」はハードルが高い夢なのかもしれません。
中華街でも1~2店舗しかなかったくらいです。

とはいえ、9:30開店は普通のレストランとしては十分早いのでありがたいことです。
そして今書きながら気づきましたが、日本橋高島屋新館のお店は「平日は7:30」開店です。
いいじゃん、日本橋店!
なお、日本橋店では土日祭日は10:30開店なのでお気をつけください(2019年7月現在)。

さあ、予定のお店は閉まっていたことだし、私はお腹がすいています。
私のお粥への欲求をどこにぶつけたらー???。

ということで、すぐそばにあるガストへ入って雑炊をいただきました。

このガスト、スタッフさんが丁寧で正直驚きました

「大事にしてもらったなあ」

という幸せとともに、いい1日を始められる力をもらいました。
何かのときにはまた行きたいと思っています(昼呑みとか…)。

■3回目
先日、ランチで「CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ) 亀沢店へうかがう機会が(やっと)ありました。

このお店、昼と夜の間の休みかないこともありがたいのです。
少しお昼の時間が遅くなっても、安心して店に立ち寄れます。

今回はちょうど12時頃に着きました。
店内は、女性でいっぱいです。
お粥の提供も時間がかかるだろうと思い、コーヒーを一緒に持ってきてもらいました。
これがちょっと失敗で、お粥は思いの外早く出てきました。

「しまった、コーヒーは後にしてゆっくり味わえばよかった( ゚Д゚)」

時間と共に変わるコーヒーの味を確認したかったので食事と一緒はもったいなかったなあ。

念願のヤクゼンのお粥は、ちょっと奮発のお値段でした。

そして、美味しゅうございました。
その「ヤクゼン」の濃厚さは、前回とはまた違う気がします。

次は、もう一度ポパイを頼んで確かめよう~!

 

 

以上が、私の「CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ)」体験でした。
ネットで検索してみると、テレビでも紹介されている有名なお店だったようです。
あらまっ( ゚Д゚)。
そして、世界の渡部こと渡部建さんが自著で紹介されているそうな。
「あらー、こんなリーズナブルなお店も範疇なのねー」
と即買いして読んでみました。
文藝春秋社刊の、
「渡部流、いい店の見つけ方教えます。」
という本です。

渡部さんは本のCAYU des ROISのページで、「油条」という中国の揚げパン(税込100円)のトッピングをおすすめされてました。

よっしゃ、次はトッピングだー!

その後よく読み直してみたら、女性と一緒に来た男子への、ボリュームアップのおすすめでした(@_@)。
だめだろ、私が食べたら f(^_^;。
でも、綺麗にカットされててお洒落で美味しそう。

この本やネット記事を見ると、私が最初に頼んだ「ポパイ」が頻繁に写真に使われています。
ほうれん草の緑と生クリームの白のコンビネーションが美しいのです。「バエ(映え)」ナンバーワンですね。

また、CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ)のお粥では
「このクリーミーな食感は何?」
という疑問を持っていました。
今回渡部さんの本を読んで、
「やはりあれはとろみをわざわざつけたのではなく米粒の成れの果てだったのか!」
という確信が持てました。

公式サイトにも以下の記載がありました。

お米のうまみを大切に
生まれたおかゆ

季節に合わせて厳選した国産米に
干し貝柱や塩などを加え、
4時間以上ていねいに煮込むことで
お粥のうまみを十分にひきだします。

コンセプト | 東京の美味しいお粥専門店|CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ)

4時間かあ。私は作らないな。
食べに来ます。

とはいえ、錦糸町は「食べたいときに食べに行く」には私には遠い場所です。
そして、先日レジで気づいたのが、レトルトになったお粥です。
まずはお手軽にいただけるのが嬉しい!

そしてレトルト商品なら原材料も裏に書いてあるだろうから、自分なりに再現をするヒントにもなります。すでに、再現レシピをネットにアップしている方もいらっしゃいますので、参考にさせていただいて作ってみたいです。

サーモスでできないかなあ。
家にお粥が作れるサーモスのボトルがあったはず。
探してみます。

というわけで、次回はレトルトもゲット!
次の錦糸町滞在が楽しみです。

ところで、専門店っていいですよね。
あんみつの上野の「みはし」さんや神楽坂の「紀の善」さんのことを思い出しました。
あんみつも、お粥も、食べたいものだけを単品で選んで食べることができるのがいいなあと思います。
「そこまでいらない」と感じる、ついでメニューでポリシーのないゴテゴテセット1000円越えのあんみつをいただくなら、デニーズのコンパクトなあんみつのほうが満足感があります。
お粥も、そんな感じです。
自分がギリギリ足を運べる範囲にこのお店があってよかったなあと思いました。
そして、今後は他のお粥専門店にも、行ってみたいと思います。

今回は、CAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ)亀沢店のご紹介でした~(*´▽`*)。