【使用69日目】プラットフォーム・アプリの振り分け状況

こんにちは。
ここ2ヶ月強の私のブログテーマは、
「メタバース縛り」
です。

さあ何を書こうか、と思ったときに、出てくるのは「Cluster」のことばかりです。
なんかどっぷり浸かり始めているなあと思い、現在私はどんな感じでMeta Quest2を使っているのかちょっと立ち止まってみました。

 

 

Meta Quest2が届いたばかりの頃はどうだったかしら。
ざっくりと、

・Cluster 6
・VRchat 4

みたいな感じです

現在は、

・Wander 2
・Cluster 7
・VRchat 0.5
・その他まとめて 0.5

って感じです。
VRchatは、今の私には
「話しかけられないように走り回って逃げる場所」
です。
でもいつかいつか、余裕を持って参戦したい場所です。

3Dでストリートビューの世界に入り込める「Wander」を求める気持ちは大きくて、一日一回は地球のどこかにひとり飛ばされてみたい最近です。
昨日はピラミッドの前に飛ばされました。

 

 

そしてClusterは、どんどん私の時間を侵食する、優しい世界です。
居場所が増えていく感じ。
そんなことを書いたら、余計に知人友人は怖がるかもしれないなあ。

メタバースに住む、という感じを少し実感します。 実際には、そんなに長いことClusterにいるわけではありません。
ただ、ふらふらと歩きまわる中で見知った人が一人ずつ増えていく。
そしてその人の、歌を、ピアノを、ギターを聴きに行こうと足を運ぶ。
今どこの国にいるのかもわからない人とハグをして別れる。

「引きこもってそんな狭い世界にいないで、外を歩けば健康的な陽の光を浴びることができるよ」

と、ふと自分に声をかけたくなります。
しかし、人から見たら異様な、視界の狭いVRメガネの中に、これまでになかった世界が広がっているのです。
まさに、ワールドなんですよね。
そしてその世界を作っているのは、参加しているひとりひとりだったりします(私は作れないけどいつか作りたい〜)。

まあClusterでも、基本は人がいるところは走り回って話しかけられないようにしてるんですが。
人見知りなので(^^ゞ。

 

 

最後にうまいことまとめて今日のブログを終わらせようかと思いましたが、まとめられるほど何かをしってるわけでもないので尻切れトンボで終わることにします。

楽しいよー、Meta Quest2〜。

あまり言うと、ほんと逆効果ですけどねー(^^ゞ

ではまた!