【使用55日目】Clusterでイベントを作成してみたのだ(その2)

こんにちは。
今日のブログは前回の続きで、初めてClusterでイベントを作成して友人を呼んだ話です。

 

 

自分のサブアカウントへは、LINEにイベント用URLを貼って連絡する方法を取りましたが、うまくいきませんでした。
届いたLINEのメッセージ上のリンクを開くときに、新たにサインイン作業を要求された上にエラーが出ました。

「ああー、こういうこともあるのか」

とちょっとがっかり。

そのため、鉄板で来てくれそうな一人の方とは直前にフレンドになって、Cluster上のメッセージシステムでURLを送っておきました。
別のアプリを入れないことで、トラブル回避です。
ただし、後から来たもう一人は特に問題なくLINE経由で入ってこれたようなので、必ずめんどくさいことになるわけでもなさそうです。

イベント開始時間になったので私は椅子から立ち上がり、彼女が登場するであろう場所を向いて待つことにしました。

来た!

Wel、come、!

Clusterのエモート機能を使ってバンザイしたり、ワイワイしたりして歓迎。
おおー、よかった。ほっとした。

しかしお互いそこからの移動が大変、マイクもミュートだったりもう何がなんだか。
やっぱりこじんまりした会場を選んだのは正解でした。

そして二人それぞれ椅子に座ることができました。
さあ次は、私がやたらこだわる
「アバター同士が目が合う」
をやりたい!

そのためには、お互い「一人称視点」にする必要があります。

スマホ画面の下にある6つのアイコンの左端のをタップすると、一人称視点と三人称視点が切り替わります。
一人称だと、自分のアバターは見えなくて、
三人称だと、自分のアバターが見える、一歩引いた画面になります。
この一人称のほうにしておいて相手の顔を探してお互い顔が正面に来ると、

「ああ、目が合ってる」

って感じが出ます。

やったー、できたー!

しかしその後、最大のトラブルが来ました。
話を始めたところでなぜか、バグったのです。
私には、彼女の発した一つのフレーズが繰り返し再生される状態です。

キャーーーー。

仕方ない、PC画面からは退出します。

スマホ画面から状況を確認していると、友人は、私が消えてしまって困っています。
だよねー。
サブアカウントのロボットを動かしてみますが、Cluster内では状況を伝えられません。

LINEも使ってやりとりしたところでは、その際彼女のスマホのバッテリーがあぶなかった様子です。
(※後日追記 原因は私のPCのGPUの問題と判明しました)

そういえば私のVRメガネもバッテリーが切れる直前に異常動作をしました。
やたらアバターが椅子から立ち上がる症状があり、なんだろうと思っていたら、バッテリ切れで落ちたのです。
(※また追記 原因は私のPCのGPUの問題と判明しました)

今回の実際の原因はわからないながら、LINEで

「んー。肌感覚的にバッテリー消費が早い!?だとするとスマホでの参加は難しいよね」

とのご意見をいただきました。
そっかー、そうだよねー。
今後もう少し大人数を集めて会合をするのが目標の私としては、いろいろ痛い現状であります。

(※しつこいようですが後日追記 原因は私のPCのGPUの問題と判明しました)

 

 

さて、なんとかかんとか私もPCから入りなおして、すったもんだ。
再度Cluster上で2人で落ち着いて話ができる状態になりました。

そこで出た感想が

「電話してるだけみたい」

とのこと。

だよねー。
そっかー。

貴重なご意見を承ってうれしい。
用意していたメモ用紙に書きました。

そういえば私今回ちょっといいじゃんと思ったことがあります。
PCでメタバースに参加すると、メモを取りながら話ができるのです。
お子様の現在の学年まで、メモをとりました。
マジ会話下手でつい自分のことばかり話をしてしまう私としては、聞きたいことをメモして挑むこともできます。
雑談とはいえ、限られた時間を有意義に使うことができます。
ちょっとキモい?

なお、その後もう一人の友人が入ってきて3人になって席についたところで、彼女からは

「会ってる感があって楽しい~」

という言葉をもらいました。
Cluster、メタバース推進派の私としては

「ほっ」

としました。

あら、もうこんなに書いちゃった。
また「その3」に続きま~す。