【使用43日目】メタバース勧誘を実行しました

こんにちは。
先日、友人とランチをしてきました。
というか、昼飲みといっていいレベルでアルコールを摂取しました。
その時に、Clusterアカウント登録の勧誘をしました。
こちらの続きとなります。

【使用41日目】メタバース勧誘計画実行

実はやり取りは大概忘れてしまったので、適当に脚色して以下に書いてみます。

 

 

「それで今日の本題なんだけどさ、メタバースのアカウント作らない?
いま、ハロウィンイベントでNHKでも紹介されたClusterって日本製のメタバース」

「えー、ゴーグルがいるんでしょ」

「スマホでいいんだよー。みんなスマホだよ」

「でも迫力は違うんでしょ」

「そりゃあね」

「ゴーグルはいくらするの?」

「ざっくり6万円」

「たかーい!それは安くなったりしないの?」

「なんか今年2万円くらい一気に上がったらしいよ」

「えー、なんで?」

「あー、わかんない。
これの後のやつが今出たとこなんだけど、22万くらいするらしいよ」

「ひゃー」

「でも、あれって単体で動くんだよ。
パソコンと接続しなくても」

「え、そうなの?」

「フルに機能を使うならパソコンと接続が必要だけど、それはグラフィックボードが必要なスペックだからもう私はそこまでは無理さ」

「ほー。」

「考えてみてよ。
使ってるパソコンとかタブレットが壊れたら、買い替えるでしょ」

「だよね」

「『あー、壊れちゃったー、出費痛いー』でさ、安くて3万円、5万円。まともに買ったら10万、20万じゃない」

「まあ5万くらいはするよね」

「それでさ、すごくワクワクはしないじゃない。
何ができるかはもうわかっててさ。」

「うんうん」

「VRメガネは、新しい体験がついてくるから、私はそんなに高いとは感じないのよ」

「まあねー」

「それに、私は『人より半年早くやっとく』ってのが信念だしさ」

「はあ」

「ZOOM飲み会ってやった?」

「一回やった。なかなかよかったよ」

「そっかー、私やったことないんだー。
でもZOOMって本当には目と目は合わないじゃない?
目はその人を見てもカメラは画面を見る人を撮ってるから。」

「まあね」

「この前スマホ2台で実験してみたんだけど、私の目線から見た世界はこんな感じなのよ」

(と、画像を見せる)

「え、これ●●なの?(不審そうな目)」

「テスト用アカウントの私だよ」

「ふーん」

「で、メタバース上にはいろんなきれいな場所とかカフェとかあるんだけど、自分たちだけでその場所を使えるんだってさ。
プログラムは設計図みたいなものだから、自分たち専用にその世界を展開できちゃうのよ。
このご時世なので、私もう東京とか遠くまで行かないこらなかなかみんなと会えないんだよね。
でもみんなと会って話がしたいから、メタバースで話をしたらどんなもんか、まずは実験してみたいのよねー。
いつものメンバーで、ずいぶん会ってないじゃん」

「まあねー」

 

 

 

みたいな話をした久々の会食でした。
別れ際に駅前で

「アカウント登録考えてみてねー」

と言ったら、

「えー、でも6万円するんでしょ」

というので

「スマホでいいのよー」

と言って別れました。
さあ、どうなるか。
それほど期待せず、のんびり待ちたいと思いまーす。

以上、怪しい勧誘の一連の会話でした。

そして私いま、ひらめいてしまった。

「メタバース同窓会!」

あー、いけるかも?やれるかも?
急にまた夢が広がった今朝でした。

ではまた!