【使用9日目】メタバースイベントに行ってきました その1

こんにちは。
三日坊主の新しもの好きのmorningstarです。
そういえば、なんでこの名前かお伝えしてませんでした。
なんか名前ないかしら、と見回していたら、テーブルの上にあった食パンのブランドが「モーニングスター」でした(^^ゞ。

さて、私のいまのブームは、VRメガネ。
昨日は、ちょっと前から楽しみにしていたメタバースのお笑いイベントに行ってきました。
今日はその話です。

 

 

今回のイベントの、メタバースのプラットフォームは、Cluster(クラスター)です。
Clusterは、日本製なので使用言語が日本語で安心。
B2C一般人には今イチオシなんじゃないでしょうか。

「え?プラットフォームって何?」
って聞かれたらどう答えたらいいかしら。
ゲームをするのに、Switchやプレステを選ぶように、メタバースに行くときに選ぶ会社、みたいな感じかなあ。

Switchは機械で、メタバースのプラットフォームはソフトウェアなので全然違うと言われてしまいそうな気がします。

また、インターネットをするときに選ぶ
「プロバイダー」
みたいに、どれか一つを選んでがっつり契約して使う、というのとも違います、
例えば私なら、VRカメラを被ったら、ます
「Cluster」
に行って、その中のワールドをいくつかハシゴします。
次は
「VRchat」
というプラットフォームに遊びに行って、またあちこちフラフラします。
プラットフォームは他にもいっぱい種類はあるけれど、私が現在気楽に遊びに行くのは今のところその2つのプラットフォームです。

それぞれにいろいろな
「ワールド」
があって、それは企業公式もあるけれど個人が作ったものはもっと多いです。
そんなところは、今のメタバースはホームページに似ている気もします。

すいません、もう説明してても、何が何だか。
9日目のビキナーなのでお許しを。

 

で、そのイベントについて話を戻します。
スポンサーは某大手企業です。
場所は、Cluster内に常設してあるその企業さんのスタジアムを模した「ワールド」です。
出演者は、かなり名の知れたお笑いグループ3組+女性タレントさん。
お笑いグループは、漫才2組と、コントのトリオが1組です。

「メタバースのイベントってどんななんだろう?」
と数日前から楽しみで楽しみで。

芸人さんたちはアバターで来るの?
実写映像が配信されても興醒めだわよね。
漫才はアバターでできるの?

「アバター」とは、「自分の分身として動く人形」みたいな感じです。

すると当日開始の数時間前に、
「多分アバターで出てくるな」
と予想がつきました。

当日昼に友人と話していて、彼女から
「NHKのメタバースの番組を見たばかり!」
と言われたので、急いで録画をしました。
その番組の中に、芸人さんがアバターで登場するのかの答えがありました。

欲望の資本主義2022夏 特別編 「メタバースの衝撃 デジタル経済のパラドックス」 – BS1スペシャル – NHK
https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/episode/te/PYL2W6P1XQ/

番組では超大手芸能事務所のグループ企業の社長さんが出てきて、アバターでの仕事依頼がたくさんあると仰ってました。
もう、タレントさんたちのアバターは既にできてるんですね。
まるで集合写真のような大人数のアバターが並ぶ画像が紹介されていました。
こりゃ楽しみ。

イベント開始の1時間前から、その企業さんの公式ワールドに入ってうろうろしまました。
ここでは、全員が同じアバターになっています。
企業キャラクターのきぐるみを着た人が何人もいるような感じです。
入口辺りには、耳元で流れている音楽に併せて頭を振っている人がいました。
私も同じリズムで縦横にステップを踏んでノッてみました。
楽しいぜ♪

ただしちょっと早すぎたので、
「こんな早くから参加してたら最後まで充電が持たないかも?」
と心配にはなりました。

そして、時間の少し前に、イベント会場のスタジアムに入れました。
今度は、参加者全員のアバターがロボットに変わっています。
そしてマイク機能が完全にオフになりました。
スタジアムを見回すと、アバターはせいぜい50人ってとこでしょうか。

開始時間までドキドキしながら待ちます。
3、2、1、と一人でカウントダウンしていたら、本当にその時間ちょうどに始まりました。

おおおおー。

この続きは次回です。

ではまた!