VRメガネでピアノの練習

こんにちは。
VRメガネを買って1週間。
毎日幸せでテンションが高いわたくしです。

本日、またテンションが上がる出来事がありました。
VRメガネでエアピアノができました。

 

 

「VRメガネ(Meta Quest 2)買いました!」
と知人に報告したら、教えていただいたのが以下のサイトでした。

 

楽譜が読めない初心者でも、Meta Quest 2のピアノ学習アプリを体験すれば、上手に弾けるのか? – MoguLive
https://www.moguravr.com/pianovision/

 

早速やってみたけど、その日は音が出なかった!。

そしてまずは諦めて、また本日再チャレンジしてみました。
そういうの多いです。
昨日できなかったけど、今日はできた。
昨日は意味がわからなかったけど、今日やっとわかった。
生まれたてのヒヨコの気分です。
ヒヨコはVRかぶらないけど。

よくわからないけど、とりあえず音出た!

そして、よくわからないけど、ピアノの場所(高さ)も調整できた!
(はじめは机の上に浮いてました。のちに鍵盤の高さの分くらいを上げました)

楽しい!

私は30歳くらいのときにピアノをやって、発表会に出て。
そのときに練習した電子ピアノは母の家を片付けたときに廃棄しました。
楽譜も、一式処分しました。
谷山浩子さんとか、いろいろ貴重だったんだけど、もう二度とピアノを弾くことはないと思って諦めました。
あのときは、しきい値を上げないと物が減らなかったのでしょうがない。

そして今また、ピアノを弾く楽しさを味わえるとは~♪

そして、空間の見やすい場所に楽譜(カンタンなやつ)が浮いてて、ピアノの鍵盤の奥からは
「まずは1の指(親指)で引け、そして次は3の指(中指)だ!」
といやおうなしに立体で長さの違う棒が迫ってきます。
棒の長さは音符の長さ~♪

気が付けば1時間、結構弾けました。

たどたどしくも次々に曲をこなしていった私の行く手を阻んだのは、
サティのジムノペティ。

「私これ、発表会でひけちゃうんじゃね?」

と右手しか引いてないのにいい気になっていたら、
4音同時押しがどうしてもできない。

普通のピアノと違って、融通がききません。

挫折。

思えば、スキップする機能があるかもしれないけど、まだそんなレベルではないのでした。

ああ、楽しかった。

 

 

わりと本気に思ったのが

「ピアノの発表会に特別枠で出させてもらえないだろうか」

ということでした。

今回は、
「素人がVRで練習して一度も生鍵盤に触れずにいきなりピアノで演奏したらどうなるか」
という検証というのはどうだろう。

どうしよう。
お母さんたちに
「なに、あの人。大した練習もしないで舞台に上がろうなんて!」
とか言われちゃうかしら。

どこまでも調子にのる悪い癖は、治らないなあ。

なおこれ、私がやったのは「Air Piano」モードなんですが

「Real Piano Keybord」モード

もあるそうなんですよ。
どれだけすごいんだ、今の技術。
とはいえ、電子ではない普通のアップライトやグランドピアノではできないみたいですね。
そりゃそうか。

発表会に出たいと思ったのは、この前読んだ記事が頭に残っていたからだと思います。

「人間拡張」が引き出すメタバースのポテンシャル:日経ビジネス電子版
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00481/092000004/

ピアノもやりたい、そしてVR世界で避けて通れない(わけでもないけど)英語もやりたくなりました。

あー、3日坊主がまた新しい旅に出ております。
どーもすいません。ほんと。

ではまた!