「 Meta Quest 2 を、買ったよ!?」シリーズ をはじめます。

こんにちは。
大変お久しぶりです。
この数か月、人生には大勢に影響のないことが、いろいろありました。
そしてそんな一つが、今回の新しいシリーズ
「Meta Quest 2 を、買ったよ!?」
です。

当然、私の大好きな錦鯉の長谷川雅紀さんの、
「頭の良くなる本を、買ったよ!?」
の声とリズムで読んでほしい、ブログタイトルです。

 

 

「Meta Quest 2」とは、VRメガネで一番有名なやつです。

これが本体

で、これを両手に持つ

そしてVRメガネとは、バラエティ番組でタレントさんが頭に付けてコースターの映像見せられてキャーキャーいってる、でっかいアレです。
数年前からゲーム機用に出てからは、結構ゲーマーさんたちは使っているようです。

そういえば前に書いたかも。
検索したら、私2019年に「プレステとVRメガネが欲しい」って書いてました。

落ちゲーからの私の物欲

当時3万円台で、プレステ本体も合わせると10万円にもなる。
「テトリスをVRでやってみたい」
というだけではとても買えない、という話でした。

そして今回。
今月初旬にたまたま別々の2人の方からメタバースの話を聞く機会があり、その2週間後には届いていましたよ「VRメガネ」。
もちろん自分でネット通販でボタンをクリックしたのですが。

「メタバース」というキーワードは、Facebookが社名を「Meta」に変更したことをきっかけに初めて耳にしたものでした。
「じゃあFacebookの会社がやっているのだろう」
と思っていたら、「メタバース」は特定の企業のサービスの名前ではなくてネット上の仮想空間全般のことらしい。
「Meta(超)+Universe(宇宙)」からつくられた造語。
って何のことやら。

仮想空間と言えば2000年代初旬から始まった「Second Life」が有名です。
私も大昔にアカウントは作成したものの、よくわからないままに1回だけその世界に足を踏み入れただけでした。

じゃあなんで今回は「メタバース」に乗ってみるのかというと、
「世の中でZOOM(その他)が定着しているから」
なのです。

最近は、多くの人がプライベートでもWEB会議システムを使っていて、
「えっ、奥様もZOOMやってらっしゃるんですか?」
みたいなオドロキを感じることが多いです。

おうち時間が増えて、みんなネットをフル活用。
お父さんは週の数日は家で在宅勤務。
当然PCにWEBカメラがついていて、外付けディスプレイの画面に向かっての会議は当たり前の日常。
ステイホーム癖がついていた以前より状況は良くなってきたけど、遠くまで出かけるのも大変でちょっと悶々。

そんな感じで今回は一般人の環境と心構えは揃ってる(ただし今はメガネが高額すぎるけど)。

「メタバースって、これからどうなっていくんだろう?」

という興味がありました。

そしてVRメガネのブツが届いて、1週間。
行き当たりばったりで使い始めて、いろいろ思うところはあるものの伝えられる相手が近くにいません。
なのでネット上でこうしてつぶやくことにしました。
でも難しいことは一切書けないので、あしからず。

 

 

ところでこのメガネ、最近急に万単位で値上がりしたんだそうです。
だから私は、高くなってから買ったかわいそうな人のようです。
現在は私が狙っている洗濯機くらいの金額でした。
でも、一番メジャーなやつを買っといてよかったかなと思っています。

ただし、
「一番メジャー」
とはいっても
「一番有名で欲しい人が多いらしいVRメガネ」
というだけで、もっと高性能で高額なメガネはあるそうです。

なお、
「Meta Quest 2」
は、元々は
「Oculus Quest 2」
という名前だったそうです。
Facebookの社名変更により「Meta Quest 2」に変わったようです。
新機種が出るとか噂だかニュースだかが出ているみたいですが、次は冷蔵庫くらいの金額かなあ。
勿論いろんな冷蔵庫がありますので、私が思う冷蔵庫の相場なんですけどね。

 

 

そんなこんなの「メタバース」や「VRメガネ」について、感じたことを書きたいと思っています。
よかったら、またお付き合いください。

あ、VRメガネって本当の名前じゃないかも。
HMDって言ってる人がいました。
ヘッドマウントディスプレイ?。
VRゴーグルってのはどうなのかな。
まあ私はメガネでいいかなと。

最近は人の名前も次々忘れて恥ずかしい思いをする毎日。
メガネの名前を憶えている場合ではないのでした。

ブログの書き方も忘れてしまったよー。
ではまた~。