【ハエと遊ぶ】おかあさんといっしょ(その82)

こんにちは。
今日は母宅です。
今、母が体調不良で寝ているため、私は暗く静かな部屋の中でハエと遊んでいます。

 

 

午前中に病院へ行くときに、母の準備で長く玄関を開けていた時に家の中に入ってしまったハエです。

私の周りでウロウロするので、ビニール袋に入れて外に出そうとするのですが素早く飛ぶので捕まえられません。

でも遠くに行かないの。
ハエくん、もしかして知り合い?

袋を掴んだままじっと静物になったふりをして待っていたら、ハエは私の手にとまってしまいました。
気に入ったのか、動かないでやんの。

その後、また
「ついにスーパーの袋に入れたかもっ!」
と思い風船状の袋を持って玄関を出てみたけど、開いてみたら中身はカラです。
しばらくして、やはりテーブル周りをウロ器ついていることを確認しました。

もう私はハエに勝てないのだろうか。

そう思った矢先、マグカップのフチにとまるハエノフチオさんを袋で急襲。

その後わたしを誘うハエくんが見えないのだけど、もしかして本当にこの中に???

 

 

母の寝息が聞こえ、私は静かな空間でスマホを動かし、いい感じです。

母は病院で気持ち悪くなってしまったので、車椅子に乗せて帰ってきました(すったもんだがありました)。
暑かったり涼しかったり、慣れない病院のトイレで悪戦苦闘したりで急に具合が悪くなったようです。
とりあえずもう少し休めば良くなるでしょう。

 

 

「肉の万世」の秋葉原本店ビルが売却されるなどいろいろ非常時のニッポンで。

ギリギリの危ういバランスの上の、時が止まった静かな空間の幸せを、いまは噛みしめるワタクシでした。

 

■オマケ

期待を込めて玄関に袋を持ってでたものの、結局袋の中にはやはりハエはいませんでした。
しかし、その後家の中でハエを見ることはありませんでした。