私が入院したら読んでねノート

こんにちは。
今朝は、まったりとファミレスにいます。
2ヶ月ぶりです。
そうです、通院の時間調整なのです。
もう薬がないのじゃ。行かねばならぬ。

ファミレスでは除菌アルコールタオルで拭きまくって、安全な環境を作っています。
飲み物にはアルコールタオルを被せて、持ってきてくれた朝食は一気に食べてマスク復活。
開店と同時に入店したので空気も落ち着いていて、私の見える範囲には誰もおらず、あと一時間近くなんとか安心して過ごせそうです。
そして私はここで、やっと初めての終活に手をつけました。

 

 

今頃ですがワクチン接種が決まりました。
暴飲暴食で生きてきた私は、接種しても感染しても生きていられる気がしません。
また、閉経して身体が変わっていくことを実感している今、ここにオドロキのハジメマシテの液体が入ったときにどうなるのか自信がありません。

ちょうど昨年買っていた雑誌「ハルメク」の付録
「私が入院したら読んでねノート」
という8ページの印刷物が、しばらく前に家を片付けている時に出てきました。
朝食を食べ終わって皿を押しやって空いたテーブルのスペースで、これを開いてのんびりと書いてます。

とはいえ、
「入院したら」
というよりは
「突然逝っちゃったら」
の気持ちなので、中の記載項目はちょっと合わないかな。

(あっ、隣の隣の席に人が来て座った。
ううう。悲しい。)

話は戻って。
この手のノートってあんまりきちんと書きたくないんですよね。
これ一つ盗まれたら全部パア、ってのは困ります。

そんな中で一番書いておきたかったのは、何かあったら誰に連絡するか、でした。
私しか知らない私の知り合いです。

スマホをチェックしてみたら、連絡したい人は結局10年来の友人グループと、高校時代の友人だけでした。
いずれも代表で一人に、家族から連絡してもらう必要があります。
こんな時代なので、全部終わってからの連絡が望ましい。
でも電話番号が合ってるか自信がない!
LINEで連絡とってるから、電話って使ってないですもんね。

確か7〜8年前に私は
「自分の葬儀にこの曲をかけてほしいー」
とか言ってました。我が強い。
その後、著作権の問題があってそーいうのが難しくなっていると聞きました。
そして今、どうでもいいかなあという気持ちです。

コロナはいろいろな雑念を落としてくれたという点で、悪いばかりではなかったと思います。

ノートの表紙を見てみたら、こんなことが書いてありました。

「気に留めておくだけでも」
の記載に甘えて、今日はまあいっか。
せっかくなので、これが乗っていたハルメクの昨年9月号をまた読んでみようと思います(今年は定期購読はしてません)。
何をまとめておけばいいかは、ネットにもチェックリスト情報が転がっているでしょう。

 

 

あと15分もしたら、この店を出なくては。
マスクも勝てない威力のウイルスがウヨウヨする場所に向かわなくてはー(泣)。
ゴーグルしようかな。

そんな本日のはじまりのことでした〜。
行ってきます!

■オマケ
薬を貰いに行く病院に近づくにつれて、
「その『ウイルスがウヨウヨする場所』と私が思うところで毎日長時間働いている方々がいるのだ」
と前述の発言が申し訳ない気持ちになりました。
医療関係者の皆様に、あらためて感謝の念がわきました。
ありがとうございます。

■もひとつオマケ
病院が終わって、今は駅のホームです。
以下は驚いたこと4つです。

1.意外と診察が空いてた。

ほっ…

2.久しぶり(2ヶ月ぶり)に見たワクチン接種軍団は若くなっていた

なんなら少年少女まで。

3.受付に直接ワクチン予約を申し込みに来た人がいて、聞こえてきた予約可能な日が思いの外早かった。

「えーと、最短で水曜日ですね」

えっ、いまそんな感じ?

4.会計をするママにグズるボウヤのセリフに驚愕

「ねーえー、ママー、ゆーちゅーぶ〜〜」

マジか!
「なんとかレンジャー買ってよお」
とかじゃないのか!

そんな病院の風景でした マル