音声読み上げソフトを買いました

こんにちわ。
夢のことばかりブログに書いている最近です。
今朝の夢を無理矢理思い出したところ、
「飛行機に間に合わない夢」
でした。
あるある。
しかし、今日は夢の話ではなく衝動買いしたソフトのことを書きます。

 

 

ふと思い立って、
「買うぞ!」
とAmazonでダウンロード版の音声読み上げソフトを買いました。
最近はクレジットカードを使わないようにしていましたが、ポイントが足らなかったのでやむなく不足分はカードを利用。
だって衝動買いですもの。待てません。

いろいろ文章を読ませてみました。
そしてふと、
「自分のブログを読ませたらどうなるかしら」
と思いました。
自分が考えていたリズムは、AIが読み上げるとどうなるのであろうか。

…思いの外、よく読みます。
ほとんど私の思っていたリズムなのです。

その間、とってくれるんだ( ゚Д゚)。

びっくりです。
固有名詞はイントネーションが違ったり間違いがありますが、それは直せばよか(←熊本弁)。
かなり自然です。

そして、やってみたかったことを、試すことにしました。
やや厚い教本を裁断して、スキャンして、文字変換して、読み上げソフトに読ませようという魂胆です。

勇気を出して、えいっと本をいくつかに分割して、脇を切ってA4程度に調整して、スキャンです。
文庫本やマンガの単行本と違い、一度も重なったり詰まることなくスキャンは終了しました。

ただし、文字を変換したいなら白黒で大きな画質でとったほうがいいとの記事を読み、文字変換専用にもう一回スキャンしました。
カラーのファイルの方は、タブレットに入れて移動中に見ようと思います。

出来上がったいくつかのPDFファイルは、平均80ページくらいにわかれたものです。
変換用のソフトは「OCR」と呼ばれますが、私は
「スキャナー添付の、ソフト名にOCRと入っていないところの、謎のOCRソフト」
でWordに変換してみました。

読み上げソフトはWordファイルを読むものの、さまざまな邪魔物により音声作成に失敗します。
そう思っておおまかにページやインデックスの誤変換を消してみましたが、やっぱり失敗。
結局、10ページ~20ページくらいの章ごとのブロックに分けて音声を作成したらやっと保存に成功しました。

音声はスマホに取り込んだので、明日ゆっくり楽しくタブレットのカラーのファイルを読みながら聞いてみようと思います。

準備に時間がかかっても、バイブル的な本であれば整備する価値があると思いました。
スキャンの誤変換はすごい。
7やら2はまず「フ」や「Z」になります。
でも地の文章はかなり変換しますので、自分で打つよりずっといいです。

これ、自分で音読して録音してみたこともあるのですが疲れてしまいました。
自分の声なら暗記に効果があるかなあと思ったものですが、聴くのもキツイです。
読み上げソフト、私がどこまで飽きずに使うものかしら??。

 

 

私がAIの読み上げに興味をもったのは、ラジオのニュースがきっかけでした。
以前にradikoでどうしても和歌山のエリアの番組しか拾わないパソコンがあって、仕方がないので聞いていたらなんとニュースをAIが読んでいました。
それも、途中まで気づかないほど自然だったのです。

今回購入したソフトは女性と男性と子供の計5人の音声が使えるものでした。
調べたら、特注品で自分の声を合成してくれる商品も存在します。
スタジオで1時間くらい200の文章を読んで録音してもらって、その後はそれを合成して使えるようなのです。
50万円を超える商品です。
でももしゆくゆく自分が声を失くすことになったら、この商品はそれだけの価値があるかもしれません。
AIが人の心を支えてくれる、これは驚きでした。

 

 

というわけで、また衝動買いをしてしまいました。
してしまったからには、使ってみたいと思います。

その後また気づいたことがあったら、報告させてください。

あ、そういえば書き忘れましたが、初めてAmazonでダウンロードのソフトを買ってよかったことがあります。
ライセンスコードがAmazonで管理されているので、失くしてインストールできなくなることがなさそうです。
どれだけ私はからめとられてしまうのか。

さ、寝るぞー。おやすみなさい!。