ふとんを解体してみました(そして捨てました)

こんにちわ。
インフルエンザが流行っていますがみなさまは大丈夫ですか?
ご自愛くださいますように m(_ _)m。

さて、前回のブログでは、実家で片付け中に着物を解体したことを書きました。
着物を解体してみました | Andastar

この日自宅に帰って夜10時頃に、突然思い立ちました。

「そうだ、ふとんを捨てよう!」

そして、捨てたいふとんを解体してみました。
ずっと心配していた割にはあっけなく終わって、翌日のごみに出せました。
そこで今日のブログネタは、「布団解体体験記」にしました。

 

 

ふとんの処分方法はいろいろありますが、自宅で捨てたい布団は切って家庭ゴミにしなければと思ってきました。
ほとんどのふとんで犬が粗相をしているので洗ってもシミがあり、粗大ゴミとして人目に触れる場所に置くのは憚られます。
また、そのふとんを車に載せて廃棄所に運ぶのも大仕事です(そしてちょっとイヤ)。
ついつい先送りにして今に至ります。

今回は、一番扱いにくかった芯入りで3つ折りになるタイプの敷布団2枚を処分しました。

以前にご近所のお友達から
「ふとんを切るハサミを買って切ったら、いつものゴミ袋に入れて捨てることができたのよ」
と聞いていたので、まずは「ふとん切りハサミ」を買わねばと思いAmazonで検索しました。
ハサミが5000円でも、有料で捨てるよりは安いと思ったのです。
しかし、ピンとくるハサミが見つかりません。
ネットで調べてみたら、
「100円のハサミでも大丈夫」
と書いてあります。
「そうなの???」

その昼の記憶が、私を突然のふとん解体へと衝き動かしました(オオゲサ)。

まずは、ふとんの見えている面の短い辺の布あたりにテキトーにハサミを入れました。
そこから布団生地を引っ張ってみたら、
「ベリベリベリベリっ」
と剥がれます。おおっ(@_@)。
止まっているところは少し力がいりましたが、ハサミを入れる必要はありません。
綿が一緒についてきたりもしましたが、気にせず剥がしました。

中の綿は結構おぞましかったので、マスクと使い捨てビニール手袋をしていてよかったです。
なお、頭にも何か被っておけばよかったなと、作業後に後悔しました。

このふとんは、芯の両側に綿がついていましたので、綿部分を手で剥がしてゴミ袋に入れます。
裏返して、こちらもちょっとハサミを入れて、布と綿を剥がしました。
既に片側がないので、ハサミは入れなくても剥がれたこととは思います。
残った芯は足で踏みながら折り曲げて、45Lの袋に詰めて抑え込んで、袋の上部を縛ってしまいました。

あと一枚の色違いのふとんも解体してしまうかを迷いましたが、同様に作業をしてゴミ袋に詰めました。
テキトーな詰め方で、ふとん1枚に付きゴミ袋が2.5枚必要でした。
きちんと入れれば2枚以内で納まると思います。

終わってから、着ていたものを着替えて洗いました。
ほら、何しろ綿がおぞましかったので。

今使っていないふとんについては、良いものは洗って使おうかと思っていました。
しかし開けたときの綿の状態を思い出すと、
「全捨て已む無し」
の結論です。

今後ふとんを増やすときは、洗える布団だけを選ぼうと思っています。
今使っている「くてくて」な敷布団は、洗濯機でラクラク洗えるので便利です。「洗える」とうたって販売されていました。

風邪気味で布団が汗だくになったら洗い、しつけの悪い我が犬が怒っておしっこをしては洗います。
(うちの犬は、人間が美味しいものを食べていて自分にくれないと思うと、水を飲みにいって爆弾を仕込む犬です)

部屋に布団干しがあり、今の時期は洗った布団が加湿に役立っています。
家に人を呼べないはずであります(。>﹏<。)。

 

 

ところで、今回はふとんを解体する快感を知りました。
布を破く音は、ちょっと小気味よい刺激があります(お嫌いな方もいるかもしれません)。
きちんと準備して、楽しみとしてやるといいかもしれません。

なお、切ったら羽が飛ぶような布団の場合は解体は大変かもしれません。
ぜひ、ネットで詳しい体験記を探して、ステキな「フトン解体タイム」にしていただければ幸いです。

かなり以前に、どうにもできないストレスを感じたときに、
「ゴルフ練習場で、2階からいらないお茶碗を投げさせてくれたらいいのに」
と思ったことがあります。
そんなサービス、どこかにあったらコワイかしら。

ストレス解消に、ふとんの解体とウエス作り、オススメです!
ウエスを作って使ってみました | Andastar

 

 

以前にふとんの廃棄を頼んだときは、
「ふとん処分は高くつくから、できるだけ自分で家庭ゴミで捨てるほうがいいですよ」
と言われました。
お願いした業者さんでは、一組4000円でした。

自宅の片付けでは、一旦使わない全てのふとんが消えたら、押入れが有効に使えます。
襖を外したら作業が一層しやすそうです。
実家と並行して自宅も断捨離していこうかしら、と思い始めました。

片付けをはじめて3ヶ月くらい、自分の考え方が変わった実感があります。
断捨離って、やっぱりいいものなのですねー。
この勢いを持続できますように〜。