【自宅片付けデー】いよいよ親の家を片づける(その19)

こんにちわ。今回のブログも片づけネタです。
この日は実家に行く予定でしたが、昨朝から少し耳や喉が痛く、風邪の可能性が考えられたため中止しました。
高齢者に感染させては大変なので、自粛です。
そこで貴重な空き時間ができたので、気分転換と自宅片付けにあてようと思いました。

…私はいつも気分転換ばかりしているかも?

「そこは、まっ、いっか」、
と、本日も思ったことを書いてみたいと思います。

 

 

■タオルの洗濯
あちこちから出てくるお年始タオルやバスタオルは、袋に入ったままだと他人行儀です。
一度洗濯して、みんなウチの子にすることにしました。

…呆れるほどの量があります。

洗濯して管理というのは失敗したかも…。
とはいえ四半世紀そのままで放置されているものもあり、衛生的にも一度洗って管理するのが吉、と考えます。

■シャツを2枚捨てました
一昨年まで着ていた半袖シャツ2枚を、思い切って捨てました。
二次オーディションでの判断です。
これまで捨ててきた洋服に同じく、嫌いでない色や柄のものは後ろ見頃の布だけとっておきます。
これまではジャキジャキハサミで切っていましたが、以前に書きましたウエスの作り方の要領で裂いてみたらこれがgoodでした。
ウエスを作って使ってみました | Andastar

後ろ身頃の両脇の切りたいところの下端にチョキンとハサミを入れて、あとは裂けるところまで裂きます。
あまり無理はせず、止まったところからはハサミで切りました。

■スプレー缶の処理
これまで使い切ることが少なかったのか、スプレー缶の処分をした記憶がありません。
実家で出てきたスプレー缶は、すべて業者さんに有料で処分をお願いしました。
今の自宅も、あちこちから出てくるスプレーをまとめたら、目眩がするほどの量がありそうです。

今回は、静電気防止スプレー2缶のガスを抜きました。
前にテレビで見た方法です。
使い切ったあと、プッシュボタンを外してむき出しになった金属部分をコンクリートに押し付けて中身を全部出します。

スプレーとしては使い切ったつもりでも液体は出続けるので、中身はまだ残っていたのだと驚きました。
外したプッシュボタンは別に不燃ゴミの袋に入れて捨てます。
「ボタンがついていなければ処理済」との、目印にすることにしました。

■犬の思い出品
亡くなった犬が使っていたものを、日々の動線の一軍の場所に置いていました。
運用上もったいないと常に思っていましたので、この機会に一度引き上げて保管するかを再チェックしました。
写真を撮って捨ててもいいと思いましたが、
「これを捨てるならまだ先に捨てるものは山ほどある」
と考えて保留にしました。
悩むのに時間がかかりそうなものは後回しです。

■洗面所のデッドスペース
ウチは、引き出しや棚の前にもう一つ棚があってデッドスペースになっているケースが多いです。
久しぶりに手前のワゴンを動かしました。
その先の床に溜まっている埃をしばらく見ていたら、急に肩がこって頭痛がしてきました。
汚いところに溜まっていた邪気が立ち昇るのを、一身に受けた気分です。
日頃からキレイにしておけばいいのにねえ。

■余裕のある収納
下着や靴下、化粧品などについて、日々登場する一軍のモノ以外は一度2階に移動してしまうことにしました。
そして捨てるか保管するかを決めます。

■人のモノ
あちこちに出てくる、自分が判断できない人の持ち物がストレスになります。
それは逆に私のモノが、人にストレスを与えてもいるはずです(私のモノのほうが多いですし)。
ここにきて、保管スペースを分けるようにしました。これまで考えもしなかった方法です。
はっきり分けることで、誰が管理するか、誰の管轄かがわかりやすくなり、スッキリしそうな気がします。

 

 

ところで、私にはこの日が最後の機会かなと思い、身内と見る予定だったレディ・ガガさんの映画「アリー スター誕生」の上映スケジュールを昨朝チェックしました。
2劇場確認して、いずれも一日1回18時ごろの上映のみと知ってビックリしました。

光陰と映画上映は矢のごとし。

話題の「ボヘミアン・ラプソディ」がまだ3回プラス応援上映までやっていることを思うと、意外でした。
「ボヘミアン・ラプソディ」は大化けお化け映画なので、比較にはならないかもしれません。

「アリー スター誕生」はどうしても見たかったわけではなく「身内と映画に行く」というレア体験ができるコンテンツというだけでした。
今後はこれまでどおり、映画は一人で見に行きます。

 

 

結局風邪とも言い切れず、スッキリしないうえに、大半は寝て過ごした一日になってしまいました。
スッキリしないのは、前日一人でワインを飲みすぎたからかもしれません(^^ゞ。

今日感じたことは、思っていた以上に片付けに寒さは堪えるということでした。
気合は入っているので薄着でも自分は気にならないのですが、結局身体が冷えていてその後の体調に影響が出ます。
油断は禁物だと思いました。

モノを捨てることについて書いていることについては、試行錯誤の記録であり、まだまだ間違っているんだと思います。
それでも、とるに足らない小さなことが、いつかどこかのどなたかのお役に立つこともあるかもと思い書いてみております。

「えっ、いまそこ?」
と思われることが多々あると思いますが、よろしければ引き続きご笑覧いただければ幸いですm(_ _)m。