【Wi-Fiテザリング編】いよいよ「親の家を片づける」(その2 )

いよいよ実家を片づけなければ、と親の家に泊まり込んでみたときに困ったのは、「実家にはWi-Fiがない」ということでした。

(このブログは【奮起編】いよいよ「親の家を片づける」(その1) | Andastar)の続きです~(^▽^)/)

パソコンは、このブログの更新で使います。
ネットを調べるときも、パソコンを使ったほうが見やすくスピーディーなこともあり、パソコンにネットが繋がっていればありがたいところです。

そこで、テザリングです。

スマートフォンをWi-Fi電波の発信元として、無線ルーター(アクセスポイント)のように使える機能です。
もう何年も前から知っていたものの、ほとんど使わずに過ごしてきた機能を、いよいよ使ってみました。

 

結論として、余分な出費もなく新しく何かを契約することもなく、助かりました。
私は昨年から、格安SIMでスマホを使っています。
調べたところ、この会社ではテザリングは無料でした。

mioモバイルではテザリングの利用に制限は設けておらず、通常のAPNでテザリング可能、料金体系はそのままです。お使いの機器がテザリングモードでIIJのAPNを指定できるようになっていればご利用いただけます。

以下のページから引用しました。
テザリングは可能ですか? | IIJmio

私は、以下のサイトの中の「ミニマムスタートプラン」の「音声通話機能付きSIM(みおふぉん)」を契約しております。3GBの契約のようです(気にしてなかった…)。

料金・仕様 | タイプD | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

以前に使っていたキャリアでは無料のテザリングオプションをつけていました(使わなかったけど)。
その無料オプションは、現在は有料(500円)に変更されたようです。

あらためて、格安SIMに変更してよかったと思いました。

テザリングの操作方法や注意事項などは、以下のページがわかりやすかったのでご参照ください。

Androidスマホで「テザリング」する方法と料金まとめ | アプリオ

なお、テザリングは大きく3種類、「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」「USBテザリング」の方法があります。
私は「Wi-Fiテザリング」を使っています。特に不便はありませんが、スマホ側の充電に不安がある場合は「Bluetoothテザリング」のほうが有利だそうです。電源が確保できていない出先ではBluetoothでもやってみようと思います。
「USBテザリング」は、パソコンに直接ケーブルで接続したスマホがパソコンから充電されてしまいます。
そのため、パワーに余裕がないタブレットタイプのPCを利用している私は、現状では「USBテザリング」の方法は選択しない予定です。

もし「テザリング」が初耳の方は、何かのときに、この方法が使える可能性があることを思い出していただければ幸いです〜。

 

さて、やはりいいことばかりではなく、やや反応が鈍いと感じます。
しかし、想定内であり、テザリングでしのげると考えております。

また、家で使うように何も気にしないでネットサーフィンをしたとして、1ヶ月のうちにすぐに3GBの制限を超えて速度が遅くなるのは困ります(追加料金も払いたくないー(泣))。
そのためテザリングでのネット使用中は、不必要な容量を使う作業は避けたいと思って気をつけております。

 

ところで、テザリングにしても格安SIMへの変更にしても、知っていてもどこかで頭が拒否していました。
「どうせ遅いんでしょう」とか「実は不便なんでしょう」と思っていました。
実際にやってみると、多少の不便があっても自分にとってはトータルに考えて正解でした。

私のまわりには、「機械には詳しくないのよー」と仰りながら、使える機能をフル活用して楽しむ先輩方が多くいらっしゃいます。
お孫さんの動画を編集してやりとりしたり、お母さまが亡くなられた時には、間に合わなかった兄弟姉妹にSNSの動画共有サービスでその安らかなお顔を見てもらったり。
IT用語など飛び越えて、心と身体で新しい技術を軽やかに受け入れて使いこなしていることに驚きます。

それを見るにつけ、頭でっかちな自分を反省します。
年をとるにつれ頑固になっていくのが自然ならば、それに抗って、新しいことは柔軟に受け入れるようになりたいものです。

…などとブログの更新をしていたら、「片付けないでパソコンばかりしてヽ(`Д´)ノプンプン」と親に怒られてしまいました。
本末転倒、これも気をつけます〜m(_ _)m。