最近の私のピクミンブルーム

こんにちは。
以前にも書きましたが、私はピクミンブルームに登録して毎日起動しています。
仲間がいるわけでもなく、調べてより有利な方法をとるでもなく、なんとなくやっています。

今日は、そんな日々の中ピクミンブルームに思うことを書きます。
ピクミンブルームのリリースは10月末あたりです。
あれっ、まだ4ヶ月くらいしか経ってないってマジ?

 

 

■課金しなくなったなあ

以下のように、以前私はこのゲームに結構な課金をしていました。

カキンゼーになった私〜ピクミンブルーム

ゲーム一本分くらいを課金したあたりで、
「これはキリがないらしい」
「これ以上は身分不相応」
と気づき、ペースを変えました。
具体的には、
・拾える分しかピクミンの苗を拾わない
・拾った苗は、ピクミンが生まれるまでの時間がかかる育ちにくい苗を植えてゆっくり育てる
といった方法をとっています。
拾える苗の数に制限があり、育てられるピクミンの数にも制限があります。
これを増やすには課金が必要です。
育てたピクミンを野に放つのはいやなので、積極的には増やさない。
現在は300のピクミン制限まであと100の余裕があります。
ネットを見ると、ジム代だと思って課金するという方もいます。
今私は真剣に歩いていないのでそういう状況ではありませんが、歩くことに重点を置くようになったらそれもありかもしれません。

■プライバシーゾーンができてよかったなあ

やっとです。
この2月半ばに、「プライバシーゾーン」という機能ができました。
自宅や職場周辺では、花が植わらないのです。

花を植えながら歩くと、歩いている効果が増幅されてうれしいし、地図にはお花が咲いて綺麗です。
しかし自宅までの道にお花が咲くと
「あら、あそこの家にはピクミンブルームをやっている人がイルノネ」
とばれてしまいます。
これを、隠してくれるありがたい機能です。
これで安心して細かいことを気にせずピクミンと一緒に歩けるわけです。
ヨカッタヨカッタ。

■やってみてわかることがある

なんでも、やってみてわかることがあります。
初めはわからなくても、しばらくして目に入る機能があります。
新しいゲームだとか、なんでもそうですよね。
かといって、やってみてはいけないことは、やってはいけない。
俳優さんが殺人鬼を演じるからと言って人を殺してみるわけにはいかない。
とはいえ、やれることはやってみてもいいんじゃないのかしら。
何か得ることがあるかもしれない。

じゃあピクミンブルームで私が得たことはなんなんだろう。

 

 

ピクミンブルームでは、夜になって一日の振り返りがあります。
「今日はどんな日でしたか」
と聞かれます。

そのとき私が選ぶアイコンは、たいていが顔が笑っています。

「確かに今日はやなことがあったんだけど、まあでもいい一日だったんじゃないかな。」

って感じです。

40歳のころ、
「ここが人生の正午か」
とやや焦りもありました。

40歳が正午でそれから20年。
あとはこれから陽が沈む時期なんですな。

そんな、やや落ち着いちゃった感じを、ピクミンブルームの毎日の自分の振り返りにふと見出します。

そんなことに気づかされた、4か月目のピクミンブルームでした。