ピクミンブルーム☆

こんにちは。
公開当日にインストールしたスマホアプリ「ピクミンブルーム」を、昨日から本格的にオンにして使ってみました。
なんかいいかも。
以下は、よくわからず調べてもいない私の現時点の感想です。

 

 

ピクミンブルームは、任天堂のゲームソフト「ピクミン」をモチーフに、「外に出て歩くこと」を目的にしたスマホアプリにしたものだと思われます(テキトー)。

自分が歩いたあとにお花が咲き、歩くことで増えるポイントが増えると「育つとピクミンがとれる苗」を植えることができます。
苗は、歩くことによって育ち、ピクミンを引っこ抜いて収穫することができるようになります。
自分が街を歩くとき、育てたピクミンたちが私の後ろを歩いてゆくのです。

花植えをしながら行くモードにすると、私の分身はスキップします。
幸せそうだねー♪

地図上には大きな花が咲いている場所があります。
ポケモンGOでいうところの
「ポケストップ」
だと思います。

バスに乗っているときにピクミンブルームを起動すると速度が早すぎるので徒歩にはカウントされませんが、私の分身は花いっぱいの地図を走り、ピクミンたちは必死に追いかけます。

幸せな世界です。
頭がお花畑というのは悪口で言われますが、それでもいいです。
戦いのない世界に癒やされます。
今朝はずっとスマホの画面を見ていました。

 

 

さてピクミンブルームには大きな心配があります。
家がバレることです。
だって、家までの道に花が咲きます。
戦っていないので敵から危害を加えられることはありませんが、田舎町では
「あそこに住んでる人ピクミンブルームやってるね」
というのが一目瞭然です。
マンションの人は気にしなくていいと思います。
街中みなさんの足跡で花だらけの状態を見ると、マンションなら複数の方がピクミンブルームをやってますよきっと。

他に、
「おそらく通信量がかさんでいるだろう」
とか
「バッテリーの減りが早いらしい」
とか
いろいろ心配の種はあります。

それでもいいや、
という気持ちになれたのがここ一日二日のことでした。

 

 

私は約一年前に「nintendo switch」を買ったときに
「念願のピクミンをやるんだ!」
と意気込んで買いに行ったことがあります。
しかし店頭デモを見て
「私はピクミンと散歩したいだけなんだー!戦いたくなんかないんだー!」
と心のなかで叫んで、店を後にしました。
まさかその後一年もしないうちに理想のアプリが出るとは思いませんでした。
散歩も、switchのちいさな画面の中ではなくリアル散歩です。
私がやらないで誰がやるのだー!

ということで、しばらくピクミンブルームとともに歩きたいと思います。
いまは色々な自信がなくなってしまっているので、これで体力を回復して活動的になれたらいいと思います。
ピクミンブルーム、大好きでーす。