【防災Tips(その1)】災害用伝言ダイヤル(171)

こんにちわ。
このブログで、防災ネタを書いてみることにしました。
今回は、災害用伝言ダイヤル171のご紹介です。

 

 

みなさま、既に何回かご経験されていると思います。
災害時は電気通信網の渋滞による「輻輳」により電話が繋がらなくなります。

そういえば311のとき、私は熊本空港にいました。
携帯が繋がらないので公衆電話に並んで、母や身内と連絡がとれて一安心したことでした。

何より気になる家族の安否。
事前に、ご家族でこのシステムについて共有しておくと安心です。

災害用伝言ダイヤル(171) | 災害対策 | 企業情報 | NTT東日本

家族の被災したほうの方は、171のあとガイダンスにしたがって1を押して自分の電話番号を押して、30秒以内で自分が無事であることを録音します。

録音を再生する人は、171のあと2を押して相手の電話番号を押して、先に進めて再生です。
このひとつの電話番号をキーにして、それぞれが録音をいくつか保存できます(1~20件。総量が約800万件と限りがあるので、可能な保存件数は被災地域によっても変わるそうです)。

実際にはもうちょっとだけ手間がありますか、分かりやすい方法だと思います。
詳しくは以下でご確認くださいませm(_ _)m。
災害用伝言ダイヤル(171)ご利用方法 | 災害対策 | 企業情報 | NTT東日本

公衆電話からも使えるみたいですよ
~(*≧∇≦)ノ。

 

 

このダイヤル、覚え方は、

「忘れていない(171)?」

だそうです。

非常時の時に使える可能性がある伝達手段のひとつとして、事前に家族で話し合っておいてはいかがでしょうか~
(*´▽`*)。