【あ゛ーーー】読書感想文とは何だったのか(その1)

こんにちわ。
昨日、私はマンガをご紹介しました。

絹田村子著 「数字であそぼ」を読んでいます

ブログ友達さんのブログで知ったマンガでした。
昨日のブログを書くときには、
「ブロ友さんのブログを読み直さないで、まずは自力で書こう」
と、意識して書きました。

そして日が変わり。
更新された自分が書いたブログを読みました。
そのあと、ブロ友さんの同じ本の紹介を読みました。

あ゛ーーーーー!

叫びたい。
恥ずかしいーーーー!

わかってはいたつもりながら、自分のがダメダメです。

そこで私は思い出しました。

「そういえば私は子供の頃、読書感想文がダメダメであった!」
「面白かった」
以外に何を書けばよいのかと途方に暮れていたのでした。

そして、思いました。

「あの、読書感想文というのは何だったのであろうか」

と。

この件をブログでシリーズにして、のんびり考えてみようと思いました。

 

 

でも今回は、
時間切れなので考えません<(`^´)>。

 

 

あまりに恥ずかしいので、前回のブログは推敲しないでそのままにしておくことにしました。

「数字であそぼ。」
の魅力を、もっと伝えるにはどうしたらいいのか。

いったい私は何を感じたのか。

ということで、今回のブログを(その1)として、私はまた寝ようと思っています。

おやすみなさいm(_ _)m。

ほんとすみませんm(_ _)m。