4コママンガ第10弾「無気力エピソード1」

こんにちは。
今日も昔のことを4コマにしてみました。

だいぶ飛ばしてしまったのですが、バス停一つ分遠いところから学校まで歩いたのでみんな遅刻ギリギリもしくは遅刻だったわけです。

最後のコマは、本当は他にも走っていた人はいたけれど、確実に言えることは私は走ってなかったことでした。

私は無気力王だったなあと、思い出します。

ではまた。