お祝いをいただきました

こんにちは。
前回、法事のお返しをいただいて、
「鶴屋百貨店さんからで嬉しい!」
というようなことを書きました。
鶴屋さんは、熊本県で唯一のハイセンスな百貨店です。

法事の「お返し」をいただきました

すると本日、先方にそんなことがバレているかのように、今度はお祝いのお品を鶴屋百貨店さんから届けていただきました。
うれしーい!

 

 

よく見たら私宛ではなかったので、中身までは開けませんでした。

「ちょっと待って、包装紙破らないでーーー!」

と、もぎとって、できるだけ丁寧に開けました。

とりあえすとりいそぎカバーをかけたい本がないので、クリアファイルで保存します。

 

 

 

お祝い自体が本当に思いがけなかったので、大変嬉しく、幸せな気持ちです。

この方は人生の節目の対応がいつも完璧で、私や身内の誕生日や記念日まで覚えていてくれています。

あらゆるお付き合いを投げ出してしまった側の人間である私から一言言わせていただければ、

「継続は力なんてもんじゃない、神です」

って感じです。

 

 

そんな気持ちを、ご本人に電話で伝えよう。

そう思ったある日の夜でした。