【引越前日】いよいよ親の家を片づける(その38)

こんにちわ!
今回のブログは実家の片付けシリーズです。
「引っ越し前日」にしたこと、感じたことを書きたいと思います。

 

 

◼️照明を付けました
昨日の帰りに量販店で購入した照明を、朝から身内に取り付けてもらいました。
購入の決め手は、手軽なお値段とリモコン操作の簡単さです。
仕切りのない2部屋用に全く同じ照明を2個購入して付けてみたら、リモコンひとつで両方反応してしまいます。
技術的にどうこうすることはすぐに諦めて、母には「2つで一つの照明」だと考えてもらうという運用で解決することにしました。

同じ動作をするリモコンが2つある状態です。
普段座っている場所とベッドの枕元との両方にリモコンを置いておけるので便利でよかったです。

◼️空白の数時間
9時から12時で約束しているガス開通の立ち会いのために、7時から数時間一人で待機しました。
何もなくて広く静かで綺麗な部屋で、一人でいることが幸せです。

この時間に、自宅から引越中の母の椅子として持ってきた折り畳み椅子をウェットティッシュで丹念に拭いて綺麗にしました。

元々は病気で移動が大変な身内が東京旅行に来たときに、
「駅でも道でも、椅子がない環境でもいつでも座れるように」
とアテンド中に持ち歩いたものです。
その後も家で臨時椅子として使うことがありました。
傷や汚れを拭きながら、楽しかった旅行や今はここにいない犬のことを懐かしく思い出しました。

このゆったりした感じは、熊本県八代市の日奈久温泉で過ごした缶詰時間に似ています。

私の好きな日奈久

2時間はスマホを触っていればすぐに過ぎる時間ですがそれはせずに、何もすることがない時間を楽しむ贅沢を享受しました。

私は子供の頃からの一人に慣れてしまっているのか、こういう時間が居心地いいなあとも思いました。

◼️養生カーテン萌え
「養生カーテン」という名前は、今調べて知ったものです。
新居にかかっていた紙の仮カーテンの名前です。

これを外して、元の家から持ってきたカーテンにかけ変えました。
捨てようと思った紙カーテンは、よく見ると強くていい紙です。
大きい紙は貴重だし、引越後に使うかもしれません。

メルカリで800円くらいで売れそうな気もします。エコだなあ。メルカリやったことないけど。
綺麗に畳んでしばらく保管してみることにしました。

◼️ガス会社さん立ち会い
ガス会社さんの立ち会いは、スムーズに終了しました。
流行りの、電気のとりまとめのご案内がありました。
「ガス会社でまとめると電気が安い、電気会社でまとめるとガスが安いんです。」
との言葉に、電気の使用が多い自宅のことを思って心が動きます。
知人にも勧められたし、Pontaカードなどにポイントも流せるみたいだし、自宅分の契約変更を考えてみたいと思います。

◼️IHクッキングヒーター
調理器具はガスではなくIHに決めました。
ガス会社さんにそう伝えると、IHなら電気料が増えるのでやはり電気は自社にまとめるのが有利との話もありました。

ところで、IH器具を使えるかどうかは電気の配線状況など条件に合っているか確認が必要らしいのです。
私が子供の頃からずっとお世話になっている町の電器屋さんが見てくれたところ、可能と判明しました。
IHクッキングヒーターもこの電器屋さんにお願いしました。

何も知らない私が、
「高齢者の場合は火を使わないと安心ですよねー。
でもIHだって油を入れたまま火をかけっぱなしにすれば発火しますけどねー(*´▽`*)」

とテキトーなことを言ったら、
「温度もチェックされて自動で止まるから大丈夫ですよー」
と教えていただきました。
そうなんだ!

ここで困るのが、魚を焼くのにフライパンでホイルにくるんで焼く方法をとっている場合だそうです。
空焼きに近い状態で高温になってしまうので、加熱が停止されて魚が焼けません。
電器屋さんからのオススメは、魚焼きロースター付きのIH機器は多くは2口で高額なので、一般的な1口タイプとロースターを別に購入するという選択肢でした。
様子をみて、やはり必要そうなら追加で用意をする予定です。

なお、
「マグネットがつかない鍋はIHでは使えない」
ということも教えていただけたので、引越前の土壇場で、より多くの鍋を捨てることができました(*≧∇≦)ノ。

◼️ダイニングキッチンにカーペット
暖かい日でも底冷えする新居のDKのフローリングに、身内がカーペットを敷いてくれました。
薄く、両面テープがいらない吸着タイプのタイル状の薄いマットです。
DIYショップで一袋10枚くらい入っているものを、最終的には10袋以上購入したと思います。

正方形のマットを貼っていくと隙間ができてしまいました。リーズナブルなマットでしたし、家にもそれなりの誤差があるのが原因だと思います。
前に戻って貼り直したり、正方形の方向を変えてみたり、別のマットを試してみたり。
また、端はカッターで切って形を合わせて貼るのを見ていて、大変だなあと思っていました。

後日同じお店に行ったら購入したカーペットの向かいには同じ製品が一度で敷ける広い面積のタイプがあって、二人でずっこけました。

◼️「やることメモ」
いよいよ明日は引っ越し当日です。
9時には引っ越し屋さんが来ます。
私は、一人で新居に泊まることにしました。
明日することをスマホにメモをして、母とすりあわせをしました。

このメモ、この日の私は大真面目に書いているのですが、客観的に見ると「なにそれ?」なメモでした。

焼香は、朝まで
お供えは、お茶だけ
朝ごはんは、コンビニおにぎり

前日
器を入れる
モコモコを新居に持っていく

前日 (ワタシ)
新居に先に泊まってみる
翌日実家に持っていくものをまとめる
白ビニール袋
ダンボール代わりにしている袋で空くものがあればあける
ふとん圧縮袋を持っていく
仏壇50センチ確認
引っ越し当日に母が持つバッグを確認

当日
食事はそれぞれ別にとる
ふとんを袋にしまう
ベッドを排気して黒い袋に入れる
母が仏壇にお茶をあげる
お茶をおろす
お供えを下ろす
お位牌、過去帳、ご本尊を手元に置く
お父さんの遺影を下ろす
一緒に袋に入れる
仏壇の中の動くものをすべて外して箱へ
仏具を外して箱へ
仏壇の中の引き出しをチェック
手前の机の引き出しはそのままでオッケー
最後の食器を洗って器セットに入れる

テーブルと軽いものは手で持っていく

掃除機は残す

「モコモコ」ってなんだろう、としばらく考えて思い出しました。
暖かい敷きパッドを2枚、私が寝るときの防寒対策に持っていったのでした。

一枚は毛布がわりに逆にしてかけたところ、暖かく寝ることができ、風邪をひくこともなくよかったです。

◼️マニュアル
新居には、次々に説明書が増えていきます。
キッチンの端の引き出しひとつをマニュアル用につぶして、まとめることにして、その旨を母に伝えました。

◼️コンビニのおにぎり
母と私のそれぞれの朝ごはん用に、コンビニにおにぎりを買いにいきました。
多めに買った上に翌朝に母はこれを食べなかったので失敗したかと思いました。

しかしその後の引越のガタガタの中で、実家側にいた母はこれで食いつないでくれることになった様子でしたので、結果オーライでした。

買い物ついでに、私はラーメンで夕食です。

なんとなく2人で食事をとる気になれず、別々にしました。
くつろいでしまうのを避けたかった、と言えば聞こえがいいですが、単にラーメンが食べたかっただけでした。
家に戻って、母が使っているいくつかの食器以外をプラケースに詰めました。
テレビに映るLIVEの氷上の羽生くんを二人で見ながらの作業でした。

 

 

「モコモコ」を抱えて、一人で新居に戻っていくつかのことをして、寝ました。

使ったことがない古い布団は少しかび臭かったけれども、捨てないでよかったかなと思いました。
「明日も泊まりかな」
と思いながら、引越全日は終了となりました。
そして、次回以降に「引越当日」に続きます~(*´▽`*)。